節約術

生理痛・PMS・みんなの投稿サイト



女性なら誰しも 生理中、あるいは生理前~生理後にお腹の痛みや体調不良、精神的なイライラなどの経験があると思います。

生理痛と一言でいっても 人それぞれで、痛みの強さや痛みを感じる場所、身体的、あるいは精神的な症状などは個人差があり 多岐にわたります。

症状が出る時期も人によって違い 生理前が一番重いという人もいれば 生理後が一番重い、という人もいるし 月の半分は体調が悪くなる という人もいます。

近年は働く女性の増加、出産率の低下、初潮年齢の低下、 閉経年齢の伸びなど 女性の一生分の月経数は 昔の約10倍とも言われています。

生理の回数が増加傾向にあるのと比例して PMSや月経前症候群などで婦人科を訪れる人の数も年々増加しています。

女性の体は年齢によっても ホルモンのバランスなど変化していますので、若い頃は何でもなくても年齢を重ねるごとに生理痛が酷くなったり、あるいはその逆で 若い頃はあれほど生理痛で苦しんだのに 歳をとるにつれて生理痛がラクになったり、または出産や環境の変化などで 自然と生理痛が軽減されることもあります。

又 閉経後にPMSなどの症状が改善されてラクになることもあります。

生理痛は女性なら誰しも感じているものですが、生理痛だと思っていたら 実は子宮、婦人科の病気だったり、別の病気のサインだったりする事もあるので、痛みが酷い場合などは無理せず病院で検査をする事も大切です。

月経前症候群(PMS)とは

PMSは(Premenstrual=月経前 Syndrome=症候群)の略で、生理が始まる3~10日くらい前から起こる 様々な症状のことを言います。

主な症状は腹痛、頭痛、胸の張り・痛み、胃腸の不快感、めまい、眠気、体のだるさなど。

又 イライラや不安感、鬱症状など 精神的な症状もPMSの症状の1つですが、精神的な落ち込みが激しく日常生活に支障をきたすほど攻撃的になったり情緒不安的になる場合は PMDD(月経前気分不快障害)の可能性があります。

PMS、PMDDは 生理が始まると徐々に症状が軽減、消失していくのが特徴です。

プロゲステロンと生理の関係

プロゲステロンは女性ホルモンの一種で、 妊娠に必要なホルモンで 妊娠しやすい状態を維持します。
子宮を厚く ふかふかにして 受精卵が着床しやすい環境にし 赤ちゃんのベットを作り 受け入れる状態を作ります。

プロゲステロンは排卵後~月経開始にかけて多く分泌され 生理が始まると減少しますが、生理が始まる=(イコール)妊娠しなかった場合にプロゲステロンの分泌量は減少し 不要になった子宮内膜が血液とともににはがれ落ちてきます。このはがれ落ちて排泄されたものが生理の経血です。

プロゲステロンは乳腺を発達させる働きがある為 胸の張りや痛みを感じたり、妊娠に備えて水分や栄養を保持する為に 体がむくみやすくなったり、食欲を増進する働きがあります。

プロゲステロンは子宮の収縮を抑える働きがあるため、腸の働きも弱まって便を送り出す力が弱くなり 便秘を引き起す原因にもなります。

プロスタグランジンと生理の関係

プロゲステロンには子宮の収縮を抑える働きがありますが、妊娠しなかった場合 今度は子宮を収縮して不要になった内膜を外に押し出す(排出する)必要が出てきます。

そこでプロスタグランジンと呼ばれる 子宮の収縮を活発にして 生理の経血を子宮の外に排出する物質が分泌されます。

プロスタグランジンが過剰に分泌されると子宮の収縮が強くなり、下腹部の痛みを感じたり 胃や腸の収縮活動も活発にするため、胃酸が過剰に分泌されて胃痛の原因になったり、胃がムカムカして吐き気がしたり、 腸の動きが活発になるため 下痢をおこしたりします。

生理痛の重い女性は 生理痛の軽い女性に比べてプロスタグランジンの量が多い、又はプロスタグランジンへの感受性が強いと言われています。

エストロゲンと生理の関係

プロゲステロンとプロスタグランジンは知らなくても、エストロゲンのことなら知っている、という女性は多いと思います。

テレビや雑誌などメディアでも多く取り上げられるので、エストロゲンが多く分泌されると女性らしくなれる、若く健康でいられる、など 良いイメージを持たれている方も多いと思います。

エストロゲンは生理の終わりから排卵前にかけて多く分泌される女性ホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンは、生理の周期によって分泌量が増えたり減ったりを繰り返しています。

エストロゲンは妊娠に備えて子宮内膜を厚くする働きがあり、女性らしい丸みをおびた体つき、発育を促したり 骨を丈夫にしたり 肌の調子をととのえるなどの効果もあります。

良いことずくめなイメージのあるエストロゲンですが、女性ホルモン(エストロゲン)を分泌している期間が長ければ長いほど、乳がんの発症リスクが高くなります。(※ホルモン補充療法や食物での摂取の事ではありません・又別です)

女性の体は生理周期とホルモンに深い関わりがありますが、大事なのはホルモンが分泌されるバランスです。どのホルモンも体にとって大切な役割があり、多すぎても少なすぎても不調の原因になります。

よく「ホルモンバランスの乱れ」と言われますが、過度な身体的ストレス、精神的ストレスはホルモンバランスが乱れる原因にもなります。
心をおだやかに、やすらぎとリラックスを心がけてみてください♪

生理休暇 使ってますか?

生理休暇は 労働基準法第68条で定められた制度で「生理日の就業が著しく困難な女子が休暇を請求したときは 使用者はこれを生理日に就業させてはならない」とするものです。

生理休暇の労働基準法は 昭和22年に制定されましたが、厚生労働省が発表した調査結果では 女性労働者がいる事業所のうち 平成26 年4月1日から平成27 年3月31 日までの間に生理休暇の請求者がいた事業所の割合は2.2%、女性労働者のうち生理休暇を請求した人の割合はわずか0.9%だったそうです。

この厚生労働省の調査結果を 少ないと感じたり 多いと感じたり 色々な見方があると思いますが、働く女性がこの調査結果を見ても、さほど意外でも驚きでもなく、むしろ 想像通りと感じた女性が多いと思います。

男性ならばこのデータを見て「生理休暇を請求する女性が少ない=(イコール)働く女性の大半は 生理痛の軽い女性が多い。生理痛は休暇をとるほどのものではないのだ」と 解釈するでしょう。

では働く女性はこのデータを見て 生理休暇を請求する人の割合が少ないことに対してどう解釈するかといえば「それだけ生理休暇と言って仕事を休むことは難しい、言い出しにくい」と考えるのが普通ではないでしょうか。

生理と仕事が重なり 休みたいけど休めないといった経験は 誰しも、よくあることだと思います。大半の女性は 生理痛がある時は 仕事を休みたいけど 無理をして行っているか、休む場合でも生理とは言わずに、ただ「風邪で」とか「体調が悪いので」と言って休んでいるかの、どちらかの方が多いと思います。

私自身、生理で体調が悪かった日に「今日は生理で体調が悪いので休みます」とはどうしても言えず、無理をして仕事に行き、途中でどうにも立っていられなくなり「すみません。今日は体調が悪いので早退します」と言って 早退した経験がありますが、「生理」という言葉は一切出せませんでしたし、長年 色々なところに勤めてきましたが 「生理なので」と伝えたことは唯の一度もありません。

親しい間柄だったら「実は生理で」と言えるのかもしれませんが、上司と部下の関係だったり 勤め先の店長さんなど男性が多いですが「実は生理で」なんて話せる間柄じゃないのが一般的だと思います。女性ばかりの職場だったら 男性よりは「生理」と言い易いですが、女性でも生理痛には個人差があり、生理痛が軽い方もいるでしょうし「生理痛で仕事を休むなんてずるい、私だって生理の日に無理して来てるのに」と 不快に感じる女性もいると思います。

伝える相手が男性の場合は「生理」という言葉そのものが言い出しにくく、伝える相手が女性の場合は 別の意味で言い出しにくい。 又、正直に「生理痛が重いので休みます」と仕事先に伝えたとして すんなり納得してくれるのか、正直「そんなことで休まれても困る」と思われていないか、不安になりますよね。

生理休暇を請求する人が減っている一方で 生理痛・PMSに悩む女性の数は増加しています。

社会の風潮や 職場環境、働く女性をとりまく環境、法律や制度等は 簡単に変わるものではないと思います。「生理休暇」という制度は 日本以外の国には無いそうで その点は評価したいですが もう少し女性達が実際に利用しやすい制度に改善する余地があるのではないかと思います。

サイトについて

女性なら誰しも 生理による体調不良や子宮の痛みなど 経験したことのある人がほとんどだと思います。

女性の体はとてもデリケートで 精神的なストレスや環境の変化など ほんのささいなできごとでも ホルモンバランスが乱れたり 体調不良や精神的に不安定になったりするものです。

生理痛が酷い時には こんな症状は自分だけなのではないか?と悩んだり、他の女性達はどうなんだろう?と気になったりしますよね。

生理の症状など デリケートな内容ですし なかなか人には聞きずらく、又 面と向かって話しにくい内容だと思います。
誰かに聞いてみたいけれど 聞けないで人知れず悩んでいる女性も多くいることでしょう。

当サイトはQ&A形式ではない為、解決や改善はできないかもしれませんが、女性の方にも男性の方にも、生理や子宮の様々な症状で悩んでいる女性が沢山いることを知り、そこから今一度、女性の体、自分の体を大切にする、考えるきっかけになれればと考えています。

又 生理痛やPMS(月経前症候群)は女性特有のもので、お医者さんでもないかぎり 一般の男性には 女性特有の苦しみや痛みは なかなか理解できないものだと思います。

恋人やパートナーが生理痛やPMSで苦しんでいても「 怠けている 」とか 「 たいしたことないんじゃないか? 」「 おおげさだ 」などと軽く受け止めてしまう男性が多いのが現実です。

以前ある男性に生理痛の相談をした時 「 動物でも生理はあるんだから。 生理も出産も病気じゃないから 」と言われたことがあります。

腹が立ちましたし あぁ、この人はそうゆう人なんだ、と思い 以後合う機会はありますが 大嫌いです。

でも よくよく考えてみると その暴言を吐いた男性も 女性の生理事情なんて知る機会もないだろうし、恋人やパートナーでもない限り 生理痛やPMSで苦しいと打ち明けてくる女性は皆無だと思います。

同じ女性なら 駅や電車の中、あるいは職場や街中でちょっと気分が悪そうな女性がいたら「生理ではないか?」と感じたり 気づいたりしますよね。

女性同士では気づいているけれども 男性はなかなか気づけないと思います。
なので 男性にも 生理痛やPMS(月経前症候群)、PMDD(月経前気分不快障害)で 人知れず悩み 苦しんでいる女性達が 沢山いることを知ってほしいという思いで作ったサイトでもあります。

男性の女性の体に対する誤った知識や偏見をなくし、女性の体をもっと大切に、いたわりや心遣いを持って接してあげて欲しいという願いと、女性にはもっと自分の体を大切にして欲しいという願いから、このようなサイトの作成に到りました。



心と体・豆知識

ラズベリー>お店ではあまり見かけない印象のラズベリーですが、大手スーパーの冷凍食品コーナーなどに冷凍ラズベリーは手ごろな価格で広く販売されています。フランス語でフランボワーズと呼ばれますが爽やかな甘酸っぱさが特徴でケーキなどでもよく使われます。ラズベリーは眼病予防に効果のあるアントシアニン・・・。

ピーマン>ピーマンの効能・子供の苦手な野菜として名高いピーマンですが栄養価はとても高い野菜です。ビタミンA、ビタミンCを始めビタミンB1、B2、D、P、鉄分、カルシウム、ミネラルなどを豊富に含み美容にも健康にも良い成分を豊富に含んでいます。ピーマンには独特の苦味があり苦手な方もいますが・・・。

茄子>茄子の皮は鮮やかな紫色をしていますがこの紫色の皮にはブルーベリーなどにも多く含まれている目に良いとされるアントシアニン、抗酸化作用の強い成分が多く含まれています。茄子は油と相性が良くマーボーナスや天ぷらなどが美味しくいただけます・・・。

キウイ>果物の中でも栄養価が特に高いキウイ。美容に良いとされるビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは肌にハリと潤いをあたえたりシミの原因であるメラニンの生成を抑えたりと女性に嬉しい美肌効果があります。抗酸化作用のあるビタミンEも多く食物繊維も豊富です。キウイはそのまま食べるのが一般的ですが・・・。

みかん>冬の寒い時期は箱ごとみかんを買って食べるご家庭も多いですが、風邪をひきやすい冬の時期にビタミンCを多く含むみかんを食べるのは理に叶っています。ビタミンCには免疫力をアップする効果があり、みかんの色素であるβクリプトキサンチンには抗酸化作用、糖尿病の進行の抑制、骨粗しょう症の予防などの・・・。

苺(イチゴ)>真っ赤な苺は見た目も可愛らしいですが栄養的にも優れた果物です。ブルーベリーなどにも多く含まれるポリフェノールの一種である、疲れ目や視力改善など目の働きをよくする効果のあるアントシアニンを多く含み美肌効果、老化防止効果のあるビタミンCも多いです・・・。

グレープフルーツ>グレープフルーツはシミ、そばかすの予防や美白・美肌作用、免疫力の向上などに効果のあるビタミンCを多く含んでいます。グレープフルーツのビタミンCの含有量は1日に必要な摂取量の約8割とも言われ、食物繊維も多く食物繊維の成分の一つであるペクチンにはコレステロール値を下げ高血圧や動脈硬化の予防に・・・。

椎茸(しいたけ)>椎茸には乾燥した干し椎茸と生の椎茸とあり、生椎茸は鍋や肉詰めなどの料理に、干し椎茸はお湯で戻して茶碗蒸しやお吸い物、ちらし寿司などに使います。生の椎茸より干し椎茸の方がビタミンDが多く、旨み成分であるグルタミン酸やグアルニ酸も干し椎茸の方が多いです・・・。

インゲン>インゲンはとても栄養価の高い野菜でβ-カロテン、アスパラギン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類、ビタミンB1、B2、Cの他、食物繊維なども豊富に含んでいます。アスパラギン酸はアミノ酸の一種で利尿作用があり有害なアンモニアを体外へ排出し中枢神経系を保護します・・・。

トマト>トマトが赤くなると医者が青くなる、と言われるほどトマトは栄養価の高い野菜です。トマトにはリコピンが多く含まれリコピンは酸化作用が強く活性酸素を除去する働きがあります。リコピンの他にも、カロテン・ビタミンC・ビオチン(ビタミンH)・ビタミンP・リンゴ酸・クエン酸などが豊富に含まれています・・・。

生理痛 子宮の痛み 下腹部痛 頭痛 吐き気 めまい 下痢 腰痛 眠気 倦怠感 疲労感 子宮 婦人科の病気 精神的な症状 月経前気分障害 PMDD 生理痛その他症状 生理の時の過ごし方 生理痛改善方