節約術

生理痛・PMS・生理症状投稿サイト


What's new


女性なら誰しも 生理中、あるいは生理前~生理後にお腹の痛みや体調不良、精神的なイライラなどの経験があると思います。
生理痛と一言でいっても 人それぞれで、痛みの強さや痛みを感じる場所、身体的、あるいは精神的な症状などは個人差があり 多岐にわたります。
症状が出る時期も人によって違い 生理前が一番重いという人もいれば 生理後が一番重い、という人もいるし 月の半分は体調が悪くなる という人もいます。 近年は働く女性の増加、出産率の低下、初潮年齢の低下、 閉経年齢の伸びなど 女性の一生分の月経数は 昔の約10倍とも言われています。生理の回数が増加傾向にあるのと比例して PMSや月経前症候群などで婦人科を訪れる人の数も年々増加しています。

女性の体は年齢によっても ホルモンのバランスなど変化していますので、若い頃は何でもなくても年齢を重ねるごとに生理痛が酷くなったり、あるいはその逆で 若い頃はあれほど生理痛で苦しんだのに 歳をとるにつれて生理痛がラクになったり、または出産や環境の変化などで 自然と生理痛が軽減されることもあります。
又 閉経後にPMSなどの症状が改善されてラクになることもあります。

生理痛は女性なら誰しも感じているものですが、生理痛だと思っていたら 実は婦人科の病気だったり、別の病気のサインだったりする事もあるので、痛みが酷い場合などは無理せず病院で検査をする事も大切です。

月経前症候群(PMS)とは

PMSは(Premenstrual=月経前 Syndrome=症候群)の略で、生理が始まる3~10日くらい前から起こる 様々な症状のことを言います。
主な症状は腹痛、頭痛、胸の張り・痛み、胃腸の不快感、めまい、眠気、体のだるさなど。

又 イライラや不安感、鬱症状など 精神的な症状もPMSの症状の1つですが、精神的な落ち込みが激しく日常生活に支障をきたすほど攻撃的になったり情緒不安的になる場合は PMDD(月経前気分不快障害)の可能性があります。
PMS、PMDDは 生理が始まると徐々に症状が軽減、消失していくのが特徴です。

プロゲステロンと生理の関係

プロゲステロンは女性ホルモンの一種で、 妊娠に必要なホルモンで 妊娠しやすい状態を維持します。
子宮を厚く ふかふかにして 受精卵が着床しやすい環境にし 赤ちゃんのベットを作り 受け入れる状態を作ります。

プロゲステロンは排卵後~月経開始にかけて多く分泌され 生理が始まると減少しますが、生理が始まる=(イコール)妊娠しなかった場合にプロゲステロンの分泌量は減少し 不要になった子宮内膜が血液とともににはがれ落ちてきます。このはがれ落ちて排泄されたものが生理の経血です。

プロゲステロンは乳腺を発達させる働きがある為 胸の張りや痛みを感じたり、妊娠に備えて水分や栄養を保持する為に 体がむくみやすくなったり、食欲を増進する働きがあります。
プロゲステロンは子宮の収縮を抑える働きがあるため、腸の働きも弱まって便を送り出す力が弱くなり 便秘を引き起す原因にもなります。

プロスタグランジンと生理の関係

プロゲステロンには子宮の収縮を抑える働きがありますが、妊娠しなかった場合 今度は子宮を収縮して不要になった内膜を外に押し出す(排出する)必要が出てきます。
そこでプロスタグランジンと呼ばれる 子宮の収縮を活発にして 生理の経血を子宮の外に排出するホルモンが分泌されます。

プロスタグランジンが過剰に分泌されると子宮の収縮が強くなり、下腹部の痛みを感じたり 胃や腸の収縮活動も活発にするため、胃酸が過剰に分泌されて胃痛の原因になったり、胃がムカムカして吐き気がしたり、 腸の動きが活発になるため 下痢をおこしたりします。

生理痛の重い女性は 生理痛の軽い女性に比べてプロスタグランジンの量が多い、又はプロスタグランジンへの感受性が強いと言われています。

エストロゲンと生理の関係

プロゲステロンとプロスタグランジンは知らなくても、エストロゲンのことなら知っている、という女性は多いと思います。
テレビや雑誌などメディアでも多く取り上げられるので、エストロゲンが多く分泌されると女性らしくなれる、若く健康でいられる、など 良いイメージを持たれている方も多いと思います。

エストロゲンは生理の終わりから排卵前にかけて多く分泌される女性ホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンは、生理の周期によって分泌量が増えたり減ったりを繰り返しています。
エストロゲンは妊娠に備えて子宮内膜を厚くする働きがあり、女性らしい丸みをおびた体つき、発育を促したり 骨を丈夫にしたり 肌の調子をととのえるなどの効果もあります。

良いことずくめなイメージのあるエストロゲンですが、女性ホルモン(エストロゲン)を分泌している期間が長ければ長いほど、乳がんの発症リスクが高くなります。(※ホルモン補充療法や食物での摂取の事ではありません・又別です)
女性の体は生理周期とホルモンに深い関わりがありますが、大事なのはホルモンが分泌されるバランスです。どのホルモンも体にとって大切な役割があり、多すぎても少なすぎても不調の原因になります。

よく「ホルモンバランスの乱れ」と言われますが、過度な身体的ストレス、精神的ストレスはホルモンバランスが乱れる原因にもなります。
心をおだやかに、やすらぎとリラックスを心がけてみてください♪

サイトについて

女性なら誰しも 生理による体調不良や子宮の痛みなど 経験したことのある人がほとんどだと思います。女性の体はとてもデリケートで 精神的なストレスや環境の変化など ほんのささいなできごとでも ホルモンバランスが乱れたり 体調不良や精神的に不安定になったりするものです。

生理痛が酷い時には こんな症状は自分だけなのではないか?と悩んだり、他の女性達はどうなんだろう?と気になったりしますよね。
生理の症状など デリケートな内容ですし なかなか人には聞きずらく、又 面と向かって話しにくい内容だと思います。
誰かに聞いてみたいけれど 聞けないで人知れず悩んでいる女性も多くいることでしょう。
当サイトはQ&A形式ではない為、解決や改善はできないかもしれませんが、女性の方にも男性の方にも、生理や子宮の様々な症状で悩んでいる女性が沢山いることを知り、そこから今一度、女性の体、自分の体を大切にする、考えるきっかけになれればと考えています。

又 生理痛やPMS(月経前症候群)は女性特有のもので、お医者さんでもないかぎり 一般の男性には 女性特有の苦しみや痛みは なかなか理解できないものだと思います。
恋人やパートナーが生理痛やPMSで苦しんでいても「 怠けている 」とか 「 たいしたことないんじゃないか? 」「 おおげさだ 」などと軽く受け止めてしまう男性が多いのが現実です。

以前ある男性に生理痛の相談をした時 「 動物でも生理はあるんだから。 生理も出産も病気じゃないから 」と言われたことがあります。
腹が立ちましたし あぁ、この人はそうゆう人なんだ、と思い 以後合う機会はありますが 大嫌いです。
でも よくよく考えてみると その暴言を吐いた男性も 女性の生理事情なんて知る機会もないだろうし、恋人やパートナーでもない限り 生理痛やPMSで苦しいと打ち明けてくる女性は皆無だと思います。

同じ女性なら 駅や電車の中、あるいは職場や街中でちょっと気分が悪そうな女性がいたら「生理ではないか?」と感じたり 気づいたりしますよね。
女性同士では気づいているけれども 男性はなかなか気づけないと思います。
なので 男性にも 生理痛やPMS(月経前症候群)、PMDD(月経前気分不快障害)で 人知れず悩み 苦しんでいる女性達が 沢山いることを知ってほしいという思いで作ったサイトでもあります。
男性の女性の体に対する誤った知識や偏見をなくし、女性の体をもっと大切に、いたわりや心遣いを持って接してあげて欲しいという願いと、女性にはもっと自分の体を大切にして欲しいという願いから、このようなサイトの作成に到りました。