節約術 みんなの
生理痛
電動自転車のバッテリーの寿命を伸ばす使い方
電動自転車のバッテリーは、買い換えると2万円~3万円位いでとても高いです。

私が最初に買った電動自転車のバッテリーは、大体5年目くらいから、充電は出来るものの ランプが1つか2つ減ったあたりで突然電池切れになり アシストしなくなり、坂道を上がる時のアシスト力があきらかに落ちたので、今は自宅の物置に置いたまま使用しておらず、新しく買ったバッテリーを使用していますが、今度のバッテリーは長持ちさせたいと思い、バッテリーの寿命を伸ばす方法を色々調べて実践してます。

先ず、バッテリーにとって一番悪いのは、バッテリーの電池を使い切った空の状態で、さらに電池を無理に放電させるようなこと。
例えばバッテリーは「空」なのに、電動のランプを点けたまま(電源の消し忘れ)バッテリーも自転車に差したまま長時間放置したりすると、「過放電」と呼ばれる状態になり、バッテリーを劣化させる、寿命を縮める原因になるそうです。

又、バッテリーの残量があるからと、自転車に差しっ放しで長時間放置するのもよくないそうで、バッテリーの残量が充分あっても、帰宅したら毎回取り外すようにした方が良いです。

長期間使用しない場合の保管方法は、バッテリーが「満タン」の状態や「空」の状態で保管しておくのは劣化の原因になるそうで、バッテリーの残量が30%以下位いの量で保管しておくのが一番良いそうです。
長期間自転車に乗る予定がないなら、残量を減らしてから(空っぽは駄目です)充電せずにそのまま保管しておくことです。

バッテリーをよく見ると「●●Ah」と書いてあると思いますが、Ahは「アンペア」のことで、このAhの数値が大きいほど
バッテリーの容量が多い=アシストの距離が長くなります。

一般的にAhの数値が大きい(容量が多い)ほど、バッテリーの値段は高くなりますが、せっかく値段の高い、容量の多いバッテリーを買ったとしても、バッテリーが充分に残っているのに、毎回充電して使用してたりすると バッテリーの寿命を縮めることになります。

バッテリーの寿命と充電回数は関係性があり、充電する回数が少ない方が バッテリーの寿命を伸ばすことになります。
なので、こまめに充電するより、バッテリーの残量がなくなってきたら充電するようにして、無駄に充電回数を増やさない方が良いのです。

色々書きましたが 今私が使用している電動自転車のバッテリーは、購入してから大体4~5年経過し Ahも3.1しかないため、ほぼ毎回充電して使ってましたが、それでも今でも長押しで全ランプ点灯し、アシスト力も落ちてないので、Ahが少なく、充電回数が多くても、上に書いた様なことを色々と気を付けて使用することで、寿命を伸ばすことが出来ると思います。

(パナソニックの電動自転車のバッテリーは長押ししてランプがいくつ点灯するかで、バッテリーの劣化状態が解るようになってます。
長押ししてランプが全て点灯する場合は、バッテリーは特に問題なく、長押ししてランプ点灯が2つ、3つ、4つなど、全ランプが点灯しない場合は、バッテリー劣化、交換の目安になります。)

よくヤフオクなどのオークションで リサイクルショップなどが電動自転車の中古バッテリーを出品していますが、一見値段が安い、安く買えると思っても、長押ししてランプがいくつ点灯するかを明記してないバッテリーは、購入後、充電は完了するものの 走行中に急に電池切れになったりする可能性が高いと思います。
又、長押ししてランプ2点灯や3点灯と明記してある場合は、
私が最初に買ったバッテリーは、長押し3点灯で、途中でバッテリーが切れてしまうので、長押しランプ2点灯や3点灯と書いてある場合は、知識があって直せる人とかなら良いのかもしれませんが、通常そのまま使用する場合は、新品同様には使えないと思った方が良いと思います。

プー

記事ID:5aba20a3

なめこ・ヌメリがありネトっとしているのが特徴のなめこですが、このヌメリは粘液性糖タンパク質と呼ばれる,成分で,目や胃粘膜の保護、修復作用があり,ドライアイなど目の乾き・・・。

椎茸(しいたけ)・生の椎茸より,干し椎茸の方がビタミンDが多く、旨み成分であるグルタミン酸やグアルニ酸,も干し椎茸の方が多いです・・・。

林檎(リンゴ)・整腸作用のある果物として有名ですが、血圧を下げる効果もあることから高血圧の予防効果も期待できます。・・・。

バナナ・体に必要なエネルギーや栄養素をバランス良く含んでいるので、忙しくて朝ご飯を食べる時間がない時などごはん代わりに食べる方も多いようです・・・。

パプリカ・色によって含まれている栄養素も異なりますが、赤い色をしたパプリカの赤い色素は唐辛子などにも含まれるカプサイシンと呼ばれる成分で高い抗酸化作用があると言われてい,ます,・・・。

アボガド・森のバターとも呼ばれる濃厚でクリーミーなアボガドですが、アボガドの脂肪分は不飽和脂肪酸オレイン酸などが豊富で悪玉(LDL)コレステロール・・・。

玄米・健康志向、ヘルシー志向、ダイエットなどにも人気の玄米ですが、玄米は白米よりもビタミンB群を多く含み、ビタミンB1やビタミンB2、ナイアシン・・・。

もずく・もずくは海藻類で低カロリー、食物繊維が豊富でダイエット食品や美容食品としても優れています。栄養価も高くナトリウムやカルシウム・・・。

昆布・昆布やワカメなどの色の黒い海藻類はなんとなく髪の毛に良いイメージがありますよね。,昆布はミネラルの宝庫・・・。

ラズベリー・フランス語でフランボワーズと呼ばれますが爽やかな甘酸っぱさが特徴でケーキなどでもよく使われます。ラズベリーは眼病予防に効果のあるアントシアニン、貧血予防効果のある・・・。

フキ・地味なイメージのあるフキですが食物繊維が豊富で鉄分、ミネラル、βカロテンなどの成分も含まれています。フキは1年中出回っているわけではなく冬から春に多く出回ります・・・。

柿(かき)・柿の渋みにはカキタンニンと呼ばれる抗酸化作用、血圧の安定や疲労回復、二日酔いの防止効果などがある成分が含まれています。目や粘膜、皮膚の・・・。