生理痛 節約術
夜中にお腹の痛みで目が覚める
生理前~生理の1~2日目にかけて お腹の痛みで夜中に目が覚めることがあります。

寝ながら体の向きを変えたり あおむけにしたり うつぶせにしたり 体を丸めてみたり 色々ラクな姿勢をためしてみるのですが、結局痛みで寝ていられません。

眠ることができないので トイレに行って用を足したり リビングの椅子にしばらく座ったりしていますが 布団に戻って横になってると 疲れが襲ってきてなんとか寝れるって感じです。

カイロを下着の上から貼って 痛む場所を温めると 少しは痛みがラクになるので 大体カイロは貼るようにしています。

仕事で凄く疲れてて 凄く眠たいし 寝なきゃいけないのに痛みで起こされるので、それが2~3日続くとほんとうにしんどいです。

生理が終わる頃には痛みも消えて ちゃんと睡眠もとれて寝不足は解消されます。

子宮内膜症かと思い 一度診てもらったことはありますが 内膜症ではありませんでした。
自分では子宮が癒着した、つったような痛みに感じる時があるので チョコレート嚢胞かもしれないと思う時もあります。

40代 味ぽん

記事ID:5aecf30a

心と体豆知識

更年期障害

主な身体症状は ホットフラッシュ(発汗・のぼせ・ほてり)、冷え、肩こり、めまい、動機、だるい、疲れやすいなどの他、不正出血、月経異常、性交痛。

精神的な症状としては イライラ、落ち込み、不安感、うつ症状、不眠などがあります。

更年期障害は ホルモンバランスの乱れ、女性ホルモン(エストロゲン)の減少等が原因と言われ 40代後半から50代前半にかけて、卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が低下し 急激に分泌量が変化することに体がうまく対応できずに 自律神経の不調・乱れをおこし、体のさまざまな機能がうまく働かない、調節できずに不調を生じるものをいいます。

年齢の若い女性でも 更年期障害と似たような症状に悩む人も多くいることから、ストレスや食生活の乱れからくる自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどを起こさないよう、普段から ストレスをかかえこまない、バランスの良い食事や、生活のリズムをととのえるなど 日常生活の見直し、改善が大切です。

レバー・女性は毎月生理で多くの血液を失う為、男性に比べて鉄分が不足しやすく貧血になりやすいので鉄分を多く含み鉄分が吸収されやすいレバーを週に・・・。

じゃがいも・じゃがいもに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴で,その為フライドポテトやポテトチップスなどの揚げ物、肉じゃがなどの煮物・・・。

茄子・皮は鮮やかな紫色をしていますがこの紫色の皮にはブルーベリーなどにも多く含まれている目に良いとされるアントシアニン・・・。

さつまいも・オナラのイメージが強いですがサツマイモが腸の働きを活発にし、炭酸ガスを発生させることからきています。腸の善玉菌の活動を活発にし、腸の動きを活性化・・・。

苺(イチゴ)・ブルーベリーなどにも多く含まれるポリフェノールの一種である、疲れ目や視力改善など目の働きをよくする効果のあるアントシアニンを多く含み美肌効果・・・。

ブルーベリー・ブルーベリーの色素であるアントシアニンには目の疲労回復、視力回復効果があるとされています。デスクワークやパソコンを使う仕事など目を酷使する方は・・・。

牛蒡(ゴボウ)・野菜の中でも食物繊維が特に多く便秘解消効果があります。低カロリーで食物繊維が豊富なゴボウはダイエット効果・便秘解消など女性に嬉しい・・・。

お米(ご飯)・ダイエットなどで炭水化物、お米を抜く方がたまにいますが、日本人は古来よりお米を主食としてきた民族であり、昔の日本人・・・。

海苔・海苔はビタミン,ミネラル,食物繊維が豊富で非常に栄養価の高いこと知られています。眼病予防に効果のあるビタミンAを始め炭水化物の代謝を促す・・・。

胡瓜(キュウリ)・夏野菜といえば胡瓜を思い浮かべる人も多いですが胡瓜の主な成分は水分でβカロテン・ビタミンCの他にビタミンKなどの栄養が含まれています・・・。

ほうれん草・貧血予防に効果のある鉄分をはじめ,眼病予防や抗酸化作用のあるβカロテン、摂り過ぎた塩分を体の外に出す効果のある・・・。

玄米・健康志向、ヘルシー志向、ダイエットなどにも人気の玄米ですが、玄米は白米よりもビタミンB群を多く含み、ビタミンB1やビタミンB2、ナイアシン・・・。