生理痛 節約術
イライラする
頭痛とめまいと吐き気が酷いです。
普段から頭痛持ちですが 生理の時は特に酷く いつもフラフラの状態で立ってます。

小さな子供もいるので 1日中横になっているわけにもいかず、意識がもうろうとして ふらふらの状態で子供の面倒をみたり、
家事をこなしたり 買い物に行ったりしています。

子供が話しかけても体調が悪いのでイライラして、
つい怒ったり怒鳴ったりもしてしまう。

旦那は無理しなくていいと言ってくれますが、仕事は休めないし 子供の面倒や家のことは出来ないので 結局無理してでもやるしかないんですよね。

30代 nagi

記事ID:59f70dab

心と体豆知識

自律神経

自律神経には2種類あり「交感神経」と、交換神経とは逆の働きをする「副交感神経」とがあります。

交感神経は脳や体を活発に動かす働きがあり 活動しやすい状態にします。具体的には血圧を上げたり 心臓の鼓動が早くなったり 胃腸の活動を抑えるなど。

副交感神経は 体、心身がリラックスしている時や休息状態にある時に 血圧を下げたり 心臓の鼓動を遅くしたり、胃腸の働きを活発にしたりします。

人は緊張すると 交感神経が優位になるため 食欲が抑えられ、 緊張から解き放たれて 副交感神経が優位になると、とたんに食欲が出てくるものですが、交感神経と副交感神経は 日常生活において 意識せずとも働いていて、心身の状態を常に調節しています。

なんとなく体調が優れない、よく眠れないなどで病院に行ったら、お医者さんに「自律神経失調症」と診断されたことがある方は多いと思いますが、現代人はストレスや緊張などで 副交感神経よりも交感神経が優位になりやすく、副交感神経がうまく働かないため 体の疲れがとれなかったり 脳の興奮状態が続いてよく眠れなかったり、めまいや頭痛などを引き起こすなど 自律神経の乱れは様々な不調の原因となります。

自律神経が乱れる主な原因は 過度なストレスや不規則な生活、環境の変化などで、自律神経の乱れを防ぐには、生活のリズムを整え、昼間は適度に日光をあびて体を動かし 夜更かしをせず 無理のない生活を心がけることが大切です。

独活(うど)・二日酔いや悪酔いを防ぐ効果のあるナイアシンと呼ばれる成分や、体内から余分なナトリウムを排出する働きのある・・・。

アボガド・森のバターとも呼ばれる濃厚でクリーミーなアボガドですが、アボガドの脂肪分は不飽和脂肪酸オレイン酸などが豊富で悪玉(LDL)コレステロール・・・。

小松菜・小松菜は栄養価の高い野菜で,カルシウムやカロチンなどの栄養素を豊富に含み、特にカルシウムはホウレン草の3倍以上含まれているので骨粗しょう症予防に効果があります・・・。

ブロッコリー・ポリフェノール、ビタミンA・B・E・Cなどの各種ビタミンの他、カリウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛など,美容に良いとされる栄養も豊富に・・・。

ラズベリー・フランス語でフランボワーズと呼ばれますが爽やかな甘酸っぱさが特徴でケーキなどでもよく使われます。ラズベリーは眼病予防に効果のあるアントシアニン、貧血予防効果のある・・・。

グレープフルーツ・シミそばかすの予防や美白・美肌作用、免疫力の向上などに効果のあるビタミンCを多く含んでいます。グレープフルーツのビタミンCの含有量は・・・。

パプリカ・色によって含まれている栄養素も異なりますが、赤い色をしたパプリカの赤い色素は唐辛子などにも含まれるカプサイシンと呼ばれる成分で高い抗酸化作用があると言われてい,ます,・・・。

もずく・もずくは海藻類で低カロリー、食物繊維が豊富でダイエット食品や美容食品としても優れています。栄養価も高くナトリウムやカルシウム・・・。

フキ・地味なイメージのあるフキですが食物繊維が豊富で鉄分、ミネラル、βカロテンなどの成分も含まれています。フキは1年中出回っているわけではなく冬から春に多く出回ります・・・。

ほうれん草・貧血予防に効果のある鉄分をはじめ,眼病予防や抗酸化作用のあるβカロテン、摂り過ぎた塩分を体の外に出す効果のある・・・。

なめこ・ヌメリがありネトっとしているのが特徴のなめこですが、このヌメリは粘液性糖タンパク質と呼ばれる,成分で,目や胃粘膜の保護、修復作用があり,ドライアイなど目の乾き・・・。

オリーブオイル・化粧品やヘアケアとして使用されることも多いオリーブオイルですがオリーブオイルに含まれるオレイン酸は酸化しにくく酸化を防ぐビタミンE・・・。