頭痛

頭痛と一口に言っても 頭痛には様々なタイプがあります。 女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は 男性の実に3倍というデータもある位いです。

症状は ズキン、ズキンという強い痛みが特徴で 吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

又 人によっては 頭痛の前兆として 目がチカチカしたり まぶしく感じたり ぼやけて見えたりすることもあります。

偏頭痛を引き起こす主な原因は 脳の血管が拡張して広がり、三叉神経が圧迫されて刺激を受け、 血管の周りに炎症がおきて その刺激を脳が「痛み」として感じるため、頭痛が起きると考えられています。

寝すぎ、朝食(食事)を抜く、強い光、人ごみなども頭痛を誘因すると言われ コーヒー、ワイン、チーズなども 食べすぎ(飲みすぎ)ると頭痛になりやすいと言われています。

頭痛になりやすいパターンがある場合、例えば休日や寝すぎた後、昼寝した後などに頭痛が起きやすい人は、 睡眠のとりかたに注意すること。

天気の良い日や繁華街、ディスプレイなどに頭痛が起きやすい人は 光やまぶしさが誘因の可能性もあるので サングラスをかける、まぶしい光をさけるなど、落ち着いたお店を選ぶ等、ある程度自分の頭痛パターンから対策、予防すると良いです。

又 普段からコーヒーをよく飲む人が 飲まない時に頭痛が起きることがありますが、コーヒーに含まれるカフェインには 脳の血管を収縮させる作用があるため 頭痛持ちの人はカフェインレスコーヒーや緑茶などがお勧めです。

日本人の4割、3人に1人は頭痛持ちと言われ「たかが頭痛」と考えがちですが、日常の生活習慣、食生活、ストレス、姿勢など 様々なことが頭痛を誘因する原因になり得るので 日常を改めて見直すことも大切です。

生理不順(月経不順)>生理のことを「月経(げっつけい)」と言い、漢字の月(つき)の字を使いますが、女性の生理周期は月の周期(月の満ち欠けの周期)とほぼ同じ29.5日と言われています。・・・。

アスペルガー症候群>「アスペルガー症候群」という病気を知っていますか?名前は聞いたことがあるけれどどんな病気かなど詳しくは知らない、という方が多いと思います。アスペルガー症候群は発達障害という先天性脳機能障害の一つです・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

低血圧>女性に多い「低血圧」。お医者さんから低血圧と言われた経験があったり、自分で血圧を測った際に数値が基準値より低かった経験がある方も多いと思います。・・・。

腰痛>腰は身体の要となる重要な部分で座る、立つ、歩くなど、ほとんどの行動は腰を起点に動きます。・・・。

ドライアイ>コンタクトレンズを使用している方や日常的にパソコンを長時間使用する方などに、特に多いのがドライアイと呼ばれる目の乾き、乾燥による様々な目の不快感やトラブルです。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

自律神経失調症>なんとなく体調が悪いので病院に行ったら「自律神経失調症」と言われた、という経験、ありませんか?・・・。

頭痛>頭痛と一口に言っても頭痛には様々なタイプがあります。女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は男性の実に3倍というデータもある位いです。・・・。

肌荒れ>季節の変わり目など肌あれに悩んでいる方も多いと思います。おでこ、口周り、あごなどが特に症状が出やすく、口周りやおでこに特に症状が見られる場合はホルモンバランスの乱れが関係している可能性もあります。・・・。

不眠症>不眠症と一口に言っても不眠の原因は人それぞれ違います。若い世代の場合は就寝時にスマホやゲームに夢中になって睡眠不足になりやすかったり、寝る前にゲームなどで脳が興奮し・・・。

肩コリ・首コリ>たかが「コリ」と思いがちですが、肩のコリや首のコリは、頭痛やめまい、ふらつきなど様々な体調不良の原因になりますのでたかが「コリ」と甘くみてはいけません・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~