低血圧

女性に多い「低血圧」。 お医者さんから低血圧と言われた経験があったり、自分で血圧を測った際に 数値が基準値より低かった経験がある方も多いと思います。

血圧と女性ホルモンとは関係があり、女性ホルモンのエストロゲンには血管を拡張する作用がある為、血流が緩やかになり 血圧の低下を招きます。

主な低血圧の症状は、疲れやすい、全身のだるさ、めまい、立ちくらみ、動機などで、食欲不振や不眠などの症状がでることもあります。

起立性低血圧の場合は、急に立ち上がる、起き上がるなどした時に めまいや立ちくらみが起きるのが特徴で、一時的に目の前が暗くなったり、気が遠くなる、失神する場合もある為、起き上がったり立ち上がったりする時はゆっくりとした動作を心がけます。

起立性低血圧の原因は 血圧を調節する働きが弱く 血圧が下がって脳へ酸素が届かずに症状を引き起こすと考えられています。

高血圧の方は毎日血圧を計る方が多いですが、低血圧でも 自分の大体の血圧やリズム等を知ることは改善に役立ちますので、毎日決まった時間に血圧を測る習慣をつけることは自己の体調管理に役立ちます。

一般に低血圧の人は長生きとも言われ、高血圧に比べると心配は少ないですが、日常の生活リズム、食事、睡眠、ストレスなどの影響も大きいため、普段から栄養をバランス良く摂取し、夜更かしをしない、ストレスをためこまない、無理のない運動を続けるなど 日常生活の改善と心がけが大切です。

ストレートネック>スマホが普及するにつれて「ストレートネック」という言葉をよく聞くようになりました。首の骨は本来、・・・。

アスペルガー症候群>「アスペルガー症候群」という病気を知っていますか?名前は聞いたことがあるけれどどんな病気かなど詳しくは知らない、という方が多いと思います。アスペルガー症候群は発達障害という先天性脳機能障害の一つです・・・。

女性ホルモン>女性ホルモンは女性が妊娠、出産をするために必要な働きをするホルモンで、主にエストロゲン・プロゲステロンの2つのホルモンがあります。・・・。

PMS>PMS(PremenstrualSyndrome)は月経前症候群のことで、月経に伴うホルモンバランスの変化により様々な体調不良や症状が生じること言います。・・・。

交感神経と副交感神経>私達の体は寝ている時など特に意識しなくても自律神経が絶えず働き続けていて、昼間の活動時には主に交感神経が活発になり・・・。

冷え性>女性に多いと言われる冷え性。女性の約7割~8割は冷え性に悩んでいるとも言われています。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

摂食障害>過食症・過食嘔吐・拒食症などは摂食障害の一種で若い女性に多くダイエットや拒食、ストレスから過食症になるケースも多く、拒食と過食を繰り返すことも多いです。・・・。

胃もたれ>若い頃はどんなに暴飲暴食をしても胃もたれとは無縁の方も多いですが、30代、40代と歳をかさねるごとに、飲みすぎ、食べすぎ・・・。

不眠症>不眠症と一口に言っても不眠の原因は人それぞれ違います。若い世代の場合は就寝時にスマホやゲームに夢中になって睡眠不足になりやすかったり、寝る前にゲームなどで脳が興奮し・・・。

PMDD>PMDDはPremenstrualDysphoricDisorderの略で月経前不快気分障害のことを言います。・・・。

低血圧>女性に多い「低血圧」。お医者さんから低血圧と言われた経験があったり、自分で血圧を測った際に数値が基準値より低かった経験がある方も多いと思います。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~