ストレス

男性と女性のストレスを比べると 女性の方が日常ストレスを多く感じる機会が多いというデータがあります。

女性は家事や育児などの他、毎月の生理による体調不良、PMSによる気分の落ち込み、更年期障害など 一生を通じて どうしてもストレスを感じる機会が多くなりがちです。

ストレスは体に悪いことばかりか?というと実はそうでもなく、適度なストレスは 人間の脳や身体にとって良い影響があり 日ごろから適度なストレスを感じている人の方が いざ大きなストレスを感じた時に ストレスに対する抵抗力が強かったり、適度なストレスは記憶の向上や 心身の活性化に繋がるというデータもあります。

しかし 過度なストレスや長期にわたるストレスは 自律神経の乱れや不眠、胃腸の働きの低下、食欲の低下など 様々な不調の原因となるため、自分に合ったストレスの解消法や、ストレスを軽くする考え方(ポジティブ思考やプラス思考)など、ストレスを軽減する方法をいくつか見付けておくのもお勧めです。

女性は誰かに悩みを聞いてもらったり 声を発声することがストレス解消に繋がる人も多く、お香やアロマなど 香りを楽しむのも リラクゼーション、ストレス解消に効果的です。

低血圧>女性に多い「低血圧」。お医者さんから低血圧と言われた経験があったり、自分で血圧を測った際に数値が基準値より低かった経験がある方も多いと思います。・・・。

PMDD>PMDDはPremenstrualDysphoricDisorderの略で月経前不快気分障害のことを言います。・・・。

緊張性頭痛>頭痛の中で一番多いタイプの頭痛が緊張性頭痛です。偏頭痛はズキン、ズキンとする強い痛みが特徴ですが・・・。

摂食障害>過食症・過食嘔吐・拒食症などは摂食障害の一種で若い女性に多くダイエットや拒食、ストレスから過食症になるケースも多く、拒食と過食を繰り返すことも多いです。・・・。

頭痛>頭痛と一口に言っても頭痛には様々なタイプがあります。女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は男性の実に3倍というデータもある位いです。・・・。

肌荒れ>季節の変わり目など肌あれに悩んでいる方も多いと思います。おでこ、口周り、あごなどが特に症状が出やすく、口周りやおでこに特に症状が見られる場合はホルモンバランスの乱れが関係している可能性もあります。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

不眠症>不眠症と一口に言っても不眠の原因は人それぞれ違います。若い世代の場合は就寝時にスマホやゲームに夢中になって睡眠不足になりやすかったり、寝る前にゲームなどで脳が興奮し・・・。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

女性ホルモン>女性ホルモンは女性が妊娠、出産をするために必要な働きをするホルモンで、主にエストロゲン・プロゲステロンの2つのホルモンがあります。・・・。

冷え性>女性に多いと言われる冷え性。女性の約7割~8割は冷え性に悩んでいるとも言われています。・・・。

便秘>女性に多いと言われる便秘。なぜ男性より女性の方が便秘になりやすいのかと言うと、便秘の原因の1つに女性ホルモンが関係しているからです。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~