摂食障害

過食症・過食嘔吐・拒食症などは摂食障害の一種で若い女性に多く ダイエットや拒食、ストレスから過食症になるケースも多く、拒食と過食を繰り返すことも多いです。

過食症は ドカ食いなど大量に食べてしまう病気のことですが、 過食嘔吐と呼ばれる 過食と嘔吐を繰り返す場合と、吐かずに過食のみを繰り返す場合とがあり、 最初は過食のみだったとしても 太りたくないという思いから 過食嘔吐(過食後に食べた物を嘔吐する)に移行するケースが多いです。

過食後に「太ってしまう、自分は駄目だ・・・」と罪悪感や後悔を生み、精神的に自暴自棄になることで さらに悪循環に陥ってしまい なかなかそこから抜け出すことは容易ではありません。

摂食障害がある人のほとんどは、過食や嘔吐、拒食することを良いことだとは思ってなく、やめなければならないし、体に悪いことも理解しています。

頭では悪い、やめなければと理解していても なかなかやめられない、そこから抜け出せないのは 太ることへの過度の恐怖心と、異常なほど外見や見た目に執着する心が根底にあり、幼少期に親に虐待されたり 親子関係に問題があると、必要以上に自分の外見にこだわったり 愛されることに執着したり、ものごとに固執したりするようになります。

拒食症の場合は大人になることへの拒絶、子供のままでいたい願望なども根底にあるといわれています。 

摂食障害の根底には 「太りたくない、愛されたい、自分には価値がない」という思いがあるので、あるがままを受け入れ、自分も他人も愛する心のケアが大切です。

過食・過食嘔吐は 簡単にやめられるものではないので、先ずは「チューイング」といって、食べたものを口の中でよく噛んで味わったら 飲み込まずに出す、などの方法もあります。

自律神経>自律神経には2種類あり「交感神経」と、交換神経とは逆の働きをする「副交感神経」とがあります。・・・。

交感神経と副交感神経>私達の体は寝ている時など特に意識しなくても自律神経が絶えず働き続けていて、昼間の活動時には主に交感神経が活発になり・・・。

ドライアイ>コンタクトレンズを使用している方や日常的にパソコンを長時間使用する方などに、特に多いのがドライアイと呼ばれる目の乾き、乾燥による様々な目の不快感やトラブルです。・・・。

ストレートネック>スマホが普及するにつれて「ストレートネック」という言葉をよく聞くようになりました。首の骨は本来、・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

免疫(めんえき)>免疫は疫(えき)から免(まぬが)れるの意味で細菌やウィルスから体を守る働きをするものです。・・・。

ホットフラッシュ>ホットフラッシュは暑さ、寒さに関係なく急に大量の汗をかいたり突然カーッとのぼせたり、顔や体がほてったりする症状をいいます。・・・。

プロスタグランジン>プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンには子宮の収縮を抑える働きがありますが、妊娠しなかった場合・・・。

休日頭痛>休みの日になるとなぜか必ず頭痛がする、あ~よく寝た、と思ったら頭痛がしてきた。どうして?・・・。

肩コリ・首コリ>たかが「コリ」と思いがちですが、肩のコリや首のコリは、頭痛やめまい、ふらつきなど様々な体調不良の原因になりますのでたかが「コリ」と甘くみてはいけません・・・。

便秘>女性に多いと言われる便秘。なぜ男性より女性の方が便秘になりやすいのかと言うと、便秘の原因の1つに女性ホルモンが関係しているからです。・・・。

眼精疲労>スマートフォンやパソコンが普及するにつれて目の疲れやドライアイなど、目の異常に悩む方が増えています。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~