生理痛

生理の初潮は早い人だと小学校低学年、平均的には12~13歳頃から始まりますが、生理痛の個人差はあれ、ほとんどの女性が 生理中、あるいは生理前・後に 体調の変化や不調、精神的な変化などを感じたことがあると思います。

生理痛の主な原因は プロスタグランジンというホルモンに似た物質が過剰に分泌されることにより 子宮の収縮が必要以上に起こることで 下腹部の痛みや吐き気などを生じます。

20代~40代位いの女性の場合は、生理痛はあってあたりまえ、生理痛がないことの方がめずらしい、毎月のことだから慣れてしまった、という方も多いと思いますが、生理痛が酷い時に なんらかの薬を飲む人の割合は9割以上で、ほとんどの女性は 生理痛が酷い時には 無理をせず、薬を飲んで症状を緩和していることになります。 生理痛が酷い時は無理をせず 自分に合った薬を服用することもお勧めです。

PMDD>PMDDはPremenstrualDysphoricDisorderの略で月経前不快気分障害のことを言います。・・・。

交感神経と副交感神経>私達の体は寝ている時など特に意識しなくても自律神経が絶えず働き続けていて、昼間の活動時には主に交感神経が活発になり・・・。

PTSD>PTSDは「PostTraumaticstressDisorder」の略語で「心的外傷後ストレス障害」のことを言います。・・・。

吐き気>吐き気の原因は様々ですが、女性の場合は生理前に吐きを感じることが多く、生理前は「プロスタグランジン」と呼ばれる子宮の収縮を活発にして生理の経血を・・・。

エストロゲン>エストロゲンは生理の終わりから排卵前にかけて多く分泌される女性ホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンは、生理の周期によって分泌量が増えたり減ったりを繰り返しています。・・・。

便秘>女性に多いと言われる便秘。なぜ男性より女性の方が便秘になりやすいのかと言うと、便秘の原因の1つに女性ホルモンが関係しているからです。・・・。

生理痛>生理の初潮は早い人だと小学校低学年、平均的には12~13歳頃から始まりますが、生理痛の個人差はあれ・・・。

肌荒れ>季節の変わり目など肌あれに悩んでいる方も多いと思います。おでこ、口周り、あごなどが特に症状が出やすく、口周りやおでこに特に症状が見られる場合はホルモンバランスの乱れが関係している可能性もあります。・・・。

メニエール病>メニエール病は強い回転性のめまいが特徴でぐるぐる回る感じがしたり吐き気や嘔吐などをともなうこともあります。・・・。

免疫(めんえき)>免疫は疫(えき)から免(まぬが)れるの意味で細菌やウィルスから体を守る働きをするものです。・・・。

腰痛>腰は身体の要となる重要な部分で座る、立つ、歩くなど、ほとんどの行動は腰を起点に動きます。・・・。

胃もたれ>若い頃はどんなに暴飲暴食をしても胃もたれとは無縁の方も多いですが、30代、40代と歳をかさねるごとに、飲みすぎ、食べすぎ・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~