PTSD

PTSDは「Post Traumatic stress Disorder」の略語で「心的外傷後ストレス障害」のことを言います。

幼少期などに耐え難い苦痛やショック、ストレスを受けたり 衝撃を受けた経験などから 後々に生じる色々なストレス障害で、解離症状やフラッシュバック(再体験)、不安や緊張状態が続く、記憶を呼び起こす状況や場面を避ける、感情や感覚のマヒなどが主な症状です。

人は誰しも つらい経験や思い出したくない過去の記憶があった時、それらを無意識に遠ざけよう、思い出すまいとするものだと思います。

又 何か問題がおこって、逃げることも戦うことも出来ない状態にあるとき、人は本能的に感覚や感情をストップさせ、何も感じないようにすることで 自分自身を守ろうとします。

PTSDの症状は 人間の生まれ持った生存本能、生き抜こう、自身を守ろうとする脳の自然な反応の結果なのかもしれません。

軽度の場合には自然な回復が期待できますが、PTSDの症状が重く 通常の社会生活が送れなくなったり、日常生活に支障が出る場合には、薬による治療やカウンセリングなどの方法があります。

PTSDの症状は 時間とともに自然と回復していくことも多く、なにより安全で安心できる環境、心が落ち着く環境の中で生活することが大切です。

胃もたれ>若い頃はどんなに暴飲暴食をしても胃もたれとは無縁の方も多いですが、30代、40代と歳をかさねるごとに、飲みすぎ、食べすぎ・・・。

自律神経失調症>なんとなく体調が悪いので病院に行ったら「自律神経失調症」と言われた、という経験、ありませんか?・・・。

休日頭痛>休みの日になるとなぜか必ず頭痛がする、あ~よく寝た、と思ったら頭痛がしてきた。どうして?・・・。

頭痛>頭痛と一口に言っても頭痛には様々なタイプがあります。女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は男性の実に3倍というデータもある位いです。・・・。

低血圧>女性に多い「低血圧」。お医者さんから低血圧と言われた経験があったり、自分で血圧を測った際に数値が基準値より低かった経験がある方も多いと思います。・・・。

眼精疲労>スマートフォンやパソコンが普及するにつれて目の疲れやドライアイなど、目の異常に悩む方が増えています。・・・。

生理痛>生理の初潮は早い人だと小学校低学年、平均的には12~13歳頃から始まりますが、生理痛の個人差はあれ・・・。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。

プロゲステロン>プロゲステロンは女性ホルモンの一種であり、妊娠に必要なホルモンで妊娠しやすい状態を維持します。・・・。

アレルギー>アレルギーにはさまざまな種類があり代表的なものでは「スギ、ヒノキ」などの植物の花粉による季節性アレルギー(花粉症)、「小麦、大豆、卵、牛乳」などの食物アレルギーなどがあります。・・・。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

摂食障害>過食症・過食嘔吐・拒食症などは摂食障害の一種で若い女性に多くダイエットや拒食、ストレスから過食症になるケースも多く、拒食と過食を繰り返すことも多いです。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~