休日頭痛

休みの日になるとなぜか必ず頭痛がする、あ~よく寝た、と思ったら頭痛がしてきた。 どうして?と疑問に思われた方も多いのではないでしょうか?

実は休日の頭痛、寝すぎた後の頭痛にはちゃんと理由があります。

睡眠中は副交感神経の働きが活発になり血管が拡張します。 血管が広がると、血管の周りにある三叉神経が圧迫され、刺激を受けます。 この刺激が痛みとして脳に伝わることで頭痛が起こります。

休日くらいゆっくり寝ていたい・・・誰もがそう願うものですが、 休日に寝すぎてしまうのは 普段の生活できちんと睡眠がとれていないことも原因の1つなので 普段から夜更かしをせず、決まった時間に寝るようにすることも大事です。

又 睡眠は 何時間寝れば良い、というものだけじゃなく 睡眠の質も大切です。 睡眠時間は足りていても なんらかの事情で眠りが浅くなっていませんか?

夜中に何度もトイレに起きる、体の冷えや寒さを感じてよく眠れないなど、眠りが浅くなる原因を探っていき、 改善していくことで 普段から質の良い睡眠をとることが大切です。

PMS>PMS(PremenstrualSyndrome)は月経前症候群のことで、月経に伴うホルモンバランスの変化により様々な体調不良や症状が生じること言います。・・・。

更年期障害>主な身体症状はホットフラッシュ(発汗・のぼせ・ほてり)、冷え、肩こり、めまい、動機、だるい、疲れやすいなどの他、不正出血、月経異常、性交痛。・・・。

めまい>めまいは比較的よくある症状でめまいの多くは良性のめまいで、内耳からおこるメニエール病などがあります。・・・。

肩コリ・首コリ>たかが「コリ」と思いがちですが、肩のコリや首のコリは、頭痛やめまい、ふらつきなど様々な体調不良の原因になりますのでたかが「コリ」と甘くみてはいけません・・・。

女性ホルモン>女性ホルモンは女性が妊娠、出産をするために必要な働きをするホルモンで、主にエストロゲン・プロゲステロンの2つのホルモンがあります。・・・。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。

エストロゲン>エストロゲンは生理の終わりから排卵前にかけて多く分泌される女性ホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンは、生理の周期によって分泌量が増えたり減ったりを繰り返しています。・・・。

メニエール病>メニエール病は強い回転性のめまいが特徴でぐるぐる回る感じがしたり吐き気や嘔吐などをともなうこともあります。・・・。

交感神経と副交感神経>私達の体は寝ている時など特に意識しなくても自律神経が絶えず働き続けていて、昼間の活動時には主に交感神経が活発になり・・・。

アスペルガー症候群>「アスペルガー症候群」という病気を知っていますか?名前は聞いたことがあるけれどどんな病気かなど詳しくは知らない、という方が多いと思います。アスペルガー症候群は発達障害という先天性脳機能障害の一つです・・・。

ホルモン>ホルモンはギリシャ語で「呼び覚ます、刺激する」といった意味の「ホルマオ」という言葉が元で名付けられたと言われています。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~