交感神経と副交感神経

私達の体は寝ている時など 特に意識しなくても 自律神経が絶えず働き続けていて、昼間の活動時には主に交感神経が活発になり、就寝時や休息時には 副交感神経が優位になります。

交感神経と副交感神経の働きは よく公園などで見かける遊具の「シーソー」に例えられますが、理想とする交感神経と副交感神経の働き方は シーソーというよりも、交感神経も副交感神経も、どちらも高いレベルでしっかり働くのが理想であり、正常な交感神経の働き方なのだそうです。

例えば 昼間の緊張などで 夜 睡眠時間になっても頭が冴えてしまってよく眠れない、という方は、確かに交感神経が優位になりすぎていることが原因ではありますが、脳、体をリラックスさせる副交感神経の働きが鈍い、弱いことも原因と言えます。

自律神経の働きは 年齢とともに低下していくものなので、規則正しい生活を心がけることで自律神経の乱れを防いだり、 適度な運動、ウォーキングなど 体を動かすことで自律神経の働きを鍛えたり、 疲れたらゆっくりと深呼吸することなども効果があります。

現代人はストレス社会で ストレスとは切っても切り離せないものですが、ストレスは自律神経の乱れを生じる原因になりますので 過度なストレスを避け あまり無理をしない生活を心がけてください。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。

アレルギー>アレルギーにはさまざまな種類があり代表的なものでは「スギ、ヒノキ」などの植物の花粉による季節性アレルギー(花粉症)、「小麦、大豆、卵、牛乳」などの食物アレルギーなどがあります。・・・。

ストレス>男性と女性のストレスを比べると女性の方が日常ストレスを多く感じる機会が多いというデータがあります。・・・。

PTSD>PTSDは「PostTraumaticstressDisorder」の略語で「心的外傷後ストレス障害」のことを言います。・・・。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

交感神経と副交感神経>私達の体は寝ている時など特に意識しなくても自律神経が絶えず働き続けていて、昼間の活動時には主に交感神経が活発になり・・・。

生理不順(月経不順)>生理のことを「月経(げっつけい)」と言い、漢字の月(つき)の字を使いますが、女性の生理周期は月の周期(月の満ち欠けの周期)とほぼ同じ29.5日と言われています。・・・。

自律神経失調症>なんとなく体調が悪いので病院に行ったら「自律神経失調症」と言われた、という経験、ありませんか?・・・。

プロゲステロン>プロゲステロンは女性ホルモンの一種であり、妊娠に必要なホルモンで妊娠しやすい状態を維持します。・・・。

PMS>PMS(PremenstrualSyndrome)は月経前症候群のことで、月経に伴うホルモンバランスの変化により様々な体調不良や症状が生じること言います。・・・。

肩コリ・首コリ>たかが「コリ」と思いがちですが、肩のコリや首のコリは、頭痛やめまい、ふらつきなど様々な体調不良の原因になりますのでたかが「コリ」と甘くみてはいけません・・・。

群発頭痛>女性よりも男性に多い頭痛で、ある時期に集中しておこります。目の奥に激しい痛みを感じるのが特徴的で1日に数回、1~2ヶ月位い続きます。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~