緊張性頭痛

頭痛の中で一番多いタイプの頭痛が緊張性頭痛です。

偏頭痛はズキン、ズキンとする強い痛みが特徴ですが、緊張性頭痛は「頭を締め付けられるような痛み」 「ヘルメットをかぶっているような感じ」「頭に重いものがのっかっている感じ」など 鈍い痛みが長時間、又は継続的、慢性的に続くのが特徴的です。

他の頭痛と違い 緊張性頭痛の場合は体を動かすとラクになったり、痛みの種類も 鈍い痛み、重い痛みといった症状ですが、偏頭痛や群発頭痛と違って 数時間で症状がおさまらずに 慢性的に持続して痛み、不快感が長く続きやすいです。

又 実際に吐くほどではないものの、吐き気や胃の不快感、胃のむかつきなどの症状を伴うこともあり、めまいやふわふわした感じ、くらくらする感じなどの症状があることもあります。

緊張性頭痛の原因は 長時間同じ姿勢をとり続けるなど 首、肩の筋肉の緊張、こりが原因で 仕事でパソコンを日常的に使うなど デスクワークが多い人がなり易いです。

デスクワークの合間に ストレッチなどをして体をほぐし 肩・首の血流を良くしたり、軽い運動をしてストレスを解消するなど リフレッシュすることが大事です。

プロゲステロン>プロゲステロンは女性ホルモンの一種であり、妊娠に必要なホルモンで妊娠しやすい状態を維持します。・・・。

PTSD>PTSDは「PostTraumaticstressDisorder」の略語で「心的外傷後ストレス障害」のことを言います。・・・。

更年期障害>主な身体症状はホットフラッシュ(発汗・のぼせ・ほてり)、冷え、肩こり、めまい、動機、だるい、疲れやすいなどの他、不正出血、月経異常、性交痛。・・・。

生理不順(月経不順)>生理のことを「月経(げっつけい)」と言い、漢字の月(つき)の字を使いますが、女性の生理周期は月の周期(月の満ち欠けの周期)とほぼ同じ29.5日と言われています。・・・。

めまい>めまいは比較的よくある症状でめまいの多くは良性のめまいで、内耳からおこるメニエール病などがあります。・・・。

ホットフラッシュ>ホットフラッシュは暑さ、寒さに関係なく急に大量の汗をかいたり突然カーッとのぼせたり、顔や体がほてったりする症状をいいます。・・・。

群発頭痛>女性よりも男性に多い頭痛で、ある時期に集中しておこります。目の奥に激しい痛みを感じるのが特徴的で1日に数回、1~2ヶ月位い続きます。・・・。

女性ホルモン>女性ホルモンは女性が妊娠、出産をするために必要な働きをするホルモンで、主にエストロゲン・プロゲステロンの2つのホルモンがあります。・・・。

アレルギー>アレルギーにはさまざまな種類があり代表的なものでは「スギ、ヒノキ」などの植物の花粉による季節性アレルギー(花粉症)、「小麦、大豆、卵、牛乳」などの食物アレルギーなどがあります。・・・。

吐き気>吐き気の原因は様々ですが、女性の場合は生理前に吐きを感じることが多く、生理前は「プロスタグランジン」と呼ばれる子宮の収縮を活発にして生理の経血を・・・。

緊張性頭痛>頭痛の中で一番多いタイプの頭痛が緊張性頭痛です。偏頭痛はズキン、ズキンとする強い痛みが特徴ですが・・・。

アスペルガー症候群>「アスペルガー症候群」という病気を知っていますか?名前は聞いたことがあるけれどどんな病気かなど詳しくは知らない、という方が多いと思います。アスペルガー症候群は発達障害という先天性脳機能障害の一つです・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~