女性ホルモン

女性ホルモンは 女性が妊娠、出産をするために必要な働きをするホルモンで、主にエストロゲン・プロゲステロンの2つのホルモンがあります。

エストロゲンは妊娠に備えて子宮内膜を厚くする働きがあり、女性らしい丸みをおびた体つき・発育を促したり 骨を丈夫にしたり 肌の調子をととのえるなどの効果があり、プロゲステロンは妊娠しやすい状態を維持し、 子宮を厚く ふかふかにして 受精卵が着床しやすい環境にし 赤ちゃんのベットを作り 受け入れる状態を作ります。

又、乳腺を発達させる働きがある為 胸の張りや痛みを感じたり、妊娠に備えて水分や栄養を保持する為に体がむくみやすくなったり、食欲を増進する働きがあります。

女性ホルモンの分泌量は 一生でわずかティースプーン1杯分と言われ ごくわずかな量ですが、重量なのはその量よりも エストロゲンとプロゲステロンのバランスだと言われています。

生活環境の乱れや精神的ストレスなどが原因で女性ホルモンのバランスが崩れ 月経不順や様々な不調を引き起こす為、普段から 規則正しい生活や バランスのとれた食事を心がけ ホルモンバランスの乱れを引き起こさないようにすることが大切です。

ドライアイ>コンタクトレンズを使用している方や日常的にパソコンを長時間使用する方などに、特に多いのがドライアイと呼ばれる目の乾き、乾燥による様々な目の不快感やトラブルです。・・・。

ホットフラッシュ>ホットフラッシュは暑さ、寒さに関係なく急に大量の汗をかいたり突然カーッとのぼせたり、顔や体がほてったりする症状をいいます。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

プロスタグランジン>プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンには子宮の収縮を抑える働きがありますが、妊娠しなかった場合・・・。

自律神経>自律神経には2種類あり「交感神経」と、交換神経とは逆の働きをする「副交感神経」とがあります。・・・。

腰痛>腰は身体の要となる重要な部分で座る、立つ、歩くなど、ほとんどの行動は腰を起点に動きます。・・・。

女性ホルモン>女性ホルモンは女性が妊娠、出産をするために必要な働きをするホルモンで、主にエストロゲン・プロゲステロンの2つのホルモンがあります。・・・。

頭痛>頭痛と一口に言っても頭痛には様々なタイプがあります。女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は男性の実に3倍というデータもある位いです。・・・。

メニエール病>メニエール病は強い回転性のめまいが特徴でぐるぐる回る感じがしたり吐き気や嘔吐などをともなうこともあります。・・・。

ホルモン>ホルモンはギリシャ語で「呼び覚ます、刺激する」といった意味の「ホルマオ」という言葉が元で名付けられたと言われています。・・・。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。

冷え性>女性に多いと言われる冷え性。女性の約7割~8割は冷え性に悩んでいるとも言われています。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~