自律神経失調症

なんとなく体調が悪いので病院に行ったら「自律神経失調症」と言われた、という経験、ありませんか ?

自律神経は人間が生きる上、日常生活を行う上で 無意識に(自動的に)心身の機能を調節している重要な神経です。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の二つがあり、必要に応じて自動的に交換神経が優位になったり、副交感神経が優位になったりしながらうまくバランスをとっています。

交感神経が活発になる時は 運動をしている時、緊張している時、ストレスを感じている時などで、 副交感神経が活発になる時は 寝ている時、就寝時、休息時、リラックスしている時などです。

どちらもバランスよく働くのが理想的ですが、現代社会において、又女性の社会進出などで、どちらかというと交感神経の働きが強くなり、副交感神経の働きが低下しやすい傾向があります。

副交感神経の働きが悪くなると交感神経が優位になり 心身の緊張状態が続いて熟睡できない、疲れがとれないなどの症状が出てきます。

又 自律神経が乱れると 体温の調節がうまくいかなくなったり、動機や立ちくらみ、めまいなどの症状が出たり、全身の倦怠感、疲労、頭痛、下痢、便秘など 体のさまざまな不調の原因になります。

ストレスやこころの状態は 自律神経が乱れる原因になるため 生活や運動等の改善だけでは不十分で、こころのケア、メンタルのケアなども重要になります。

ストレスをためこんでしまう、思いつめてしまう、気持ちの切り替えができない、気持ちが落ち込んだまま回復できない場合などは、考え方や見方、価値観を変えてみることも大切です。

交感神経と副交感神経>私達の体は寝ている時など特に意識しなくても自律神経が絶えず働き続けていて、昼間の活動時には主に交感神経が活発になり・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

生理不順(月経不順)>生理のことを「月経(げっつけい)」と言い、漢字の月(つき)の字を使いますが、女性の生理周期は月の周期(月の満ち欠けの周期)とほぼ同じ29.5日と言われています。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

冷え性>女性に多いと言われる冷え性。女性の約7割~8割は冷え性に悩んでいるとも言われています。・・・。

ストレートネック>スマホが普及するにつれて「ストレートネック」という言葉をよく聞くようになりました。首の骨は本来、・・・。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。

眼精疲労>スマートフォンやパソコンが普及するにつれて目の疲れやドライアイなど、目の異常に悩む方が増えています。・・・。

PMS>PMS(PremenstrualSyndrome)は月経前症候群のことで、月経に伴うホルモンバランスの変化により様々な体調不良や症状が生じること言います。・・・。

腰痛>腰は身体の要となる重要な部分で座る、立つ、歩くなど、ほとんどの行動は腰を起点に動きます。・・・。

生理痛>生理の初潮は早い人だと小学校低学年、平均的には12~13歳頃から始まりますが、生理痛の個人差はあれ・・・。

休日頭痛>休みの日になるとなぜか必ず頭痛がする、あ~よく寝た、と思ったら頭痛がしてきた。どうして?・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~