自律神経

自律神経には2種類あり「交感神経」と、交換神経とは逆の働きをする「副交感神経」とがあります。

交感神経は脳や体を活発に動かす働きがあり 活動しやすい状態にします。 具体的には血圧を上げたり 心臓の鼓動が早くなったり 胃腸の活動を抑えるなど。

副交感神経は 体、心身がリラックスしている時や休息状態にある時に 血圧を下げたり 心臓の鼓動を遅くしたり、胃腸の働きを活発にしたりします。

人は緊張すると 交感神経が優位になるため 食欲が抑えられ、 緊張から解き放たれて 副交感神経が優位になると、 とたんに食欲が出てくるものですが、交感神経と副交感神経は 日常生活において 意識せずとも働いていて、心身の状態を常に調節しています。

なんとなく体調が優れない、よく眠れないなどで病院に行ったら、お医者さんに「自律神経失調症」と診断されたことがある方は多いと思いますが、現代人はストレスや緊張などで 副交感神経よりも交感神経が優位になりやすく、副交感神経がうまく働かないため 体の疲れがとれなかったり 脳の興奮状態が続いてよく眠れなかったり、めまいや頭痛などを引き起こすなど 自律神経の乱れは様々な不調の原因となります。

自律神経が乱れる主な原因は 過度なストレスや不規則な生活、環境の変化などで、自律神経の乱れを防ぐには、生活のリズムを整え、昼間は適度に日光をあびて体を動かし 夜更かしをせず 無理のない生活を心がけることが大切です。

肌荒れ>季節の変わり目など肌あれに悩んでいる方も多いと思います。おでこ、口周り、あごなどが特に症状が出やすく、口周りやおでこに特に症状が見られる場合はホルモンバランスの乱れが関係している可能性もあります。・・・。

更年期障害>主な身体症状はホットフラッシュ(発汗・のぼせ・ほてり)、冷え、肩こり、めまい、動機、だるい、疲れやすいなどの他、不正出血、月経異常、性交痛。・・・。

吐き気>吐き気の原因は様々ですが、女性の場合は生理前に吐きを感じることが多く、生理前は「プロスタグランジン」と呼ばれる子宮の収縮を活発にして生理の経血を・・・。

冷え性>女性に多いと言われる冷え性。女性の約7割~8割は冷え性に悩んでいるとも言われています。・・・。

ホットフラッシュ>ホットフラッシュは暑さ、寒さに関係なく急に大量の汗をかいたり突然カーッとのぼせたり、顔や体がほてったりする症状をいいます。・・・。

摂食障害>過食症・過食嘔吐・拒食症などは摂食障害の一種で若い女性に多くダイエットや拒食、ストレスから過食症になるケースも多く、拒食と過食を繰り返すことも多いです。・・・。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。

交感神経と副交感神経>私達の体は寝ている時など特に意識しなくても自律神経が絶えず働き続けていて、昼間の活動時には主に交感神経が活発になり・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

PMDD>PMDDはPremenstrualDysphoricDisorderの略で月経前不快気分障害のことを言います。・・・。

便秘>女性に多いと言われる便秘。なぜ男性より女性の方が便秘になりやすいのかと言うと、便秘の原因の1つに女性ホルモンが関係しているからです。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~