ホルモン

ホルモンは ギリシャ語で 「 呼び覚ます、刺激する 」といった意味の「ホルマオ」という言葉が元で名付けられたと言われています。

成長ホルモン、女性ホルモン、男性ホルモンなどは 名前の通りでわかりやすいですが、 ホルモンにはエネルギー代謝や成長発育の促進、女性らしさ、男性らしさの促進などの他、胃酸の分泌、胃の運動抑制、血糖値の上昇、基礎代謝の増加など、その種類や機能は多種多様で 暑さ、寒さといったような 様々な身心の変化にうまく対応できるように調節しているのが ホルモンの役割です。

それぞれのホルモンが過剰になったり 少なすぎたりすることで 体に様々な症状、不調、病気が生じることから それぞれのホルモンが適切にバランス良く 必要なタイミングで作られることが大切です。

胃もたれ>若い頃はどんなに暴飲暴食をしても胃もたれとは無縁の方も多いですが、30代、40代と歳をかさねるごとに、飲みすぎ、食べすぎ・・・。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。

自律神経>自律神経には2種類あり「交感神経」と、交換神経とは逆の働きをする「副交感神経」とがあります。・・・。

免疫(めんえき)>免疫は疫(えき)から免(まぬが)れるの意味で細菌やウィルスから体を守る働きをするものです。・・・。

頭痛>頭痛と一口に言っても頭痛には様々なタイプがあります。女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は男性の実に3倍というデータもある位いです。・・・。

ホットフラッシュ>ホットフラッシュは暑さ、寒さに関係なく急に大量の汗をかいたり突然カーッとのぼせたり、顔や体がほてったりする症状をいいます。・・・。

生理不順(月経不順)>生理のことを「月経(げっつけい)」と言い、漢字の月(つき)の字を使いますが、女性の生理周期は月の周期(月の満ち欠けの周期)とほぼ同じ29.5日と言われています。・・・。

肩コリ・首コリ>たかが「コリ」と思いがちですが、肩のコリや首のコリは、頭痛やめまい、ふらつきなど様々な体調不良の原因になりますのでたかが「コリ」と甘くみてはいけません・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

エストロゲン>エストロゲンは生理の終わりから排卵前にかけて多く分泌される女性ホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンは、生理の周期によって分泌量が増えたり減ったりを繰り返しています。・・・。

ストレートネック>スマホが普及するにつれて「ストレートネック」という言葉をよく聞くようになりました。首の骨は本来、・・・。

群発頭痛>女性よりも男性に多い頭痛で、ある時期に集中しておこります。目の奥に激しい痛みを感じるのが特徴的で1日に数回、1~2ヶ月位い続きます。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~