ホルモン

ホルモンは ギリシャ語で 「 呼び覚ます、刺激する 」といった意味の「ホルマオ」という言葉が元で名付けられたと言われています。

成長ホルモン、女性ホルモン、男性ホルモンなどは 名前の通りでわかりやすいですが、 ホルモンにはエネルギー代謝や成長発育の促進、女性らしさ、男性らしさの促進などの他、胃酸の分泌、胃の運動抑制、血糖値の上昇、基礎代謝の増加など、その種類や機能は多種多様で 暑さ、寒さといったような 様々な身心の変化にうまく対応できるように調節しているのが ホルモンの役割です。

それぞれのホルモンが過剰になったり 少なすぎたりすることで 体に様々な症状、不調、病気が生じることから それぞれのホルモンが適切にバランス良く 必要なタイミングで作られることが大切です。

メニエール病>メニエール病は強い回転性のめまいが特徴でぐるぐる回る感じがしたり吐き気や嘔吐などをともなうこともあります。・・・。

PTSD>PTSDは「PostTraumaticstressDisorder」の略語で「心的外傷後ストレス障害」のことを言います。・・・。

女性ホルモン>女性ホルモンは女性が妊娠、出産をするために必要な働きをするホルモンで、主にエストロゲン・プロゲステロンの2つのホルモンがあります。・・・。

ドライアイ>コンタクトレンズを使用している方や日常的にパソコンを長時間使用する方などに、特に多いのがドライアイと呼ばれる目の乾き、乾燥による様々な目の不快感やトラブルです。・・・。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。

更年期障害>主な身体症状はホットフラッシュ(発汗・のぼせ・ほてり)、冷え、肩こり、めまい、動機、だるい、疲れやすいなどの他、不正出血、月経異常、性交痛。・・・。

腰痛>腰は身体の要となる重要な部分で座る、立つ、歩くなど、ほとんどの行動は腰を起点に動きます。・・・。

頭痛>頭痛と一口に言っても頭痛には様々なタイプがあります。女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は男性の実に3倍というデータもある位いです。・・・。

PMS>PMS(PremenstrualSyndrome)は月経前症候群のことで、月経に伴うホルモンバランスの変化により様々な体調不良や症状が生じること言います。・・・。

めまい>めまいは比較的よくある症状でめまいの多くは良性のめまいで、内耳からおこるメニエール病などがあります。・・・。

低血圧>女性に多い「低血圧」。お医者さんから低血圧と言われた経験があったり、自分で血圧を測った際に数値が基準値より低かった経験がある方も多いと思います。・・・。

吐き気>吐き気の原因は様々ですが、女性の場合は生理前に吐きを感じることが多く、生理前は「プロスタグランジン」と呼ばれる子宮の収縮を活発にして生理の経血を・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~