冷え性

女性に多いと言われる冷え性。女性の約7割~8割は冷え性に悩んでいるとも言われています。

冷え性が男性より女性に多い理由の1つに 女性は男性に比べて 体の筋肉量が少なく 筋肉が付きにくいため体の熱を作り出す働きが弱いと言われています。

又 女性ホルモンの働きが乱れることで自律神経の働きも乱れ 体温を調節する働きが鈍くなったり うまく調節できなくなることで 冷え性を生じやすくなります。

女性と男性では服装にも違いがあり 男性は夏でも1年中ズボンを履いている方が多いですが、女性はスカートを履く機会も多く、男性に比べて薄着だったり 肌の露出部分が多く 体が冷えやすくなります。

手足が冷えることを末端冷え性と言いますが 男性はスニーカーなど動きやすい靴を日常履く事が多いのに対し、女性はハイヒールなど ヒールの高い靴を履くことが多く ハイヒールは足が冷えるだけじゃなく、足の血行も悪くなりやすいです。

又 若い女性の場合は 無理なダイエットなどをして基礎代謝が下がってしまうことも冷え性の原因になります。

冷え性の改善には 毎日のウォーキングやストレッチなど 体を動かすことの他に、たんぱく質やエネルギーの源となるご飯などの炭水化物、野菜など バランス良く食べ、特に体を温める効果のある食べ物、生姜やニンニクなどの他、根菜類の人参、牛蒡、大根、きのこなど 体を温める作用があります。 飲み物も 冷たいものより 温かいお茶や 体がポカポカと温まる生姜湯などがお勧めです。

女性ホルモン>女性ホルモンは女性が妊娠、出産をするために必要な働きをするホルモンで、主にエストロゲン・プロゲステロンの2つのホルモンがあります。・・・。

群発頭痛>女性よりも男性に多い頭痛で、ある時期に集中しておこります。目の奥に激しい痛みを感じるのが特徴的で1日に数回、1~2ヶ月位い続きます。・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

PMS>PMS(PremenstrualSyndrome)は月経前症候群のことで、月経に伴うホルモンバランスの変化により様々な体調不良や症状が生じること言います。・・・。

ドライアイ>コンタクトレンズを使用している方や日常的にパソコンを長時間使用する方などに、特に多いのがドライアイと呼ばれる目の乾き、乾燥による様々な目の不快感やトラブルです。・・・。

頭痛>頭痛と一口に言っても頭痛には様々なタイプがあります。女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は男性の実に3倍というデータもある位いです。・・・。

肌荒れ>季節の変わり目など肌あれに悩んでいる方も多いと思います。おでこ、口周り、あごなどが特に症状が出やすく、口周りやおでこに特に症状が見られる場合はホルモンバランスの乱れが関係している可能性もあります。・・・。

便秘>女性に多いと言われる便秘。なぜ男性より女性の方が便秘になりやすいのかと言うと、便秘の原因の1つに女性ホルモンが関係しているからです。・・・。

自律神経失調症>なんとなく体調が悪いので病院に行ったら「自律神経失調症」と言われた、という経験、ありませんか?・・・。

緊張性頭痛>頭痛の中で一番多いタイプの頭痛が緊張性頭痛です。偏頭痛はズキン、ズキンとする強い痛みが特徴ですが・・・。

休日頭痛>休みの日になるとなぜか必ず頭痛がする、あ~よく寝た、と思ったら頭痛がしてきた。どうして?・・・。

更年期障害>主な身体症状はホットフラッシュ(発汗・のぼせ・ほてり)、冷え、肩こり、めまい、動機、だるい、疲れやすいなどの他、不正出血、月経異常、性交痛。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~