偏頭痛

頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが 偏頭痛で 20代から40代の女性に特に多くみられ、男性よりも女性に多いことから 女性ホルモンとも関係があると言われています。

偏頭痛はズキン、ズキンとする強い痛みが特徴的で、主に頭の片側に痛みを感じます。 痛みから吐き気をもよおしたり 嘔吐を伴う場合もあります。

偏頭痛が起こる前に 視界がキラキラ、チラチラ、又はギラギラしたりする場合もあります。 又 光をまぶしく 不快に感じたり 光や音に対して敏感になったりすることもあります。

原因は脳の血管が拡張することにより 三叉神経が圧迫されて刺激を受け、 血管の周りに炎症がおきて その刺激を脳が「痛み」として感じるとる為と言われていますが、 いまだはっきりとした原因は解明されていません。

お風呂やマッサージなどは、血行が良くなり リラックス効果がありますが、 偏頭痛の場合は 脳の血管が広がって頭痛が起きる為、頭痛がある状態での入浴やマッサージは、 さらに血管を広げてしまう為 お勧めできません。 偏頭痛の場合は 痛みの酷い時は 静かな部屋で安静にしているのがお勧めです。

アトピー性皮膚炎>アトピー性皮膚炎は、皮膚にかゆみを伴う湿疹ができ、それがよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。アレルギーをおこしやすい体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られます。・・・。

アレルギー>アレルギーにはさまざまな種類があり代表的なものでは「スギ、ヒノキ」などの植物の花粉による季節性アレルギー(花粉症)、「小麦、大豆、卵、牛乳」などの食物アレルギーなどがあります。・・・。

休日頭痛>休みの日になるとなぜか必ず頭痛がする、あ~よく寝た、と思ったら頭痛がしてきた。どうして?・・・。

ストレス>男性と女性のストレスを比べると女性の方が日常ストレスを多く感じる機会が多いというデータがあります。・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

肌荒れ>季節の変わり目など肌あれに悩んでいる方も多いと思います。おでこ、口周り、あごなどが特に症状が出やすく、口周りやおでこに特に症状が見られる場合はホルモンバランスの乱れが関係している可能性もあります。・・・。

ドライアイ>コンタクトレンズを使用している方や日常的にパソコンを長時間使用する方などに、特に多いのがドライアイと呼ばれる目の乾き、乾燥による様々な目の不快感やトラブルです。・・・。

プロゲステロン>プロゲステロンは女性ホルモンの一種であり、妊娠に必要なホルモンで妊娠しやすい状態を維持します。・・・。

メニエール病>メニエール病は強い回転性のめまいが特徴でぐるぐる回る感じがしたり吐き気や嘔吐などをともなうこともあります。・・・。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

めまい>めまいは比較的よくある症状でめまいの多くは良性のめまいで、内耳からおこるメニエール病などがあります。・・・。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~