吐き気

吐き気の原因は様々ですが、女性の場合は生理前に吐きを感じることが多く、 生理前は「プロスタグランジン」と呼ばれる 子宮の収縮を活発にして 生理の経血を子宮の外に排出する物質が多く分泌されることで 胃や腸の収縮活動も活発になり 胃がムカムカとして吐き気がしたり、下痢症状などをおこしやすくなります。

又、更年期障害で 女性ホルモンのエストロゲンが減少することで 自律神経に乱れが生じ、胃腸の不調や吐き気などの症状がおこることもあります。

女性に多い偏頭痛も、ズキン、ズキンという強い痛みで、しばしば吐き気を催すこともあります。

症状をおさえる薬も色々とありますが、ストレスをやわらげ、リラックスして、質の良い睡眠をとるなども大切です。

吐き気のある時は 食事をしっかり摂ることは難しいので、野菜なら野菜ジュースにしたり、おかゆやうどんなど食べやすく工夫して栄養をバランス良く摂取すると良いです。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

便秘>女性に多いと言われる便秘。なぜ男性より女性の方が便秘になりやすいのかと言うと、便秘の原因の1つに女性ホルモンが関係しているからです。・・・。

自律神経>自律神経には2種類あり「交感神経」と、交換神経とは逆の働きをする「副交感神経」とがあります。・・・。

休日頭痛>休みの日になるとなぜか必ず頭痛がする、あ~よく寝た、と思ったら頭痛がしてきた。どうして?・・・。

交感神経と副交感神経>私達の体は寝ている時など特に意識しなくても自律神経が絶えず働き続けていて、昼間の活動時には主に交感神経が活発になり・・・。

頭痛>頭痛と一口に言っても頭痛には様々なタイプがあります。女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は男性の実に3倍というデータもある位いです。・・・。

ホットフラッシュ>ホットフラッシュは暑さ、寒さに関係なく急に大量の汗をかいたり突然カーッとのぼせたり、顔や体がほてったりする症状をいいます。・・・。

アレルギー>アレルギーにはさまざまな種類があり代表的なものでは「スギ、ヒノキ」などの植物の花粉による季節性アレルギー(花粉症)、「小麦、大豆、卵、牛乳」などの食物アレルギーなどがあります。・・・。

胃もたれ>若い頃はどんなに暴飲暴食をしても胃もたれとは無縁の方も多いですが、30代、40代と歳をかさねるごとに、飲みすぎ、食べすぎ・・・。

PMDD>PMDDはPremenstrualDysphoricDisorderの略で月経前不快気分障害のことを言います。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~