肌荒れ

季節の変わり目など 肌あれに悩んでいる方も多いと思います。 おでこ、口周り、あごなどが特に症状が出やすく、口周りやおでこに特に症状が見られる場合は ホルモンバランスの乱れが関係している可能性もあります。

肌荒れの主な原因は、肌のバリア機能の低下、ホルモンバランスの乱れ、スキンケア用品や化粧品が肌に合っていない、生活習慣の乱れやストレス、紫外線などです。

顔は手足や体などと違って、本来汚れにくい場所です。

にも関わらず 顔をゴシゴシとこするようにして洗ったり、1日に何度も洗顔をするなど 過度に清潔にしたり、皮膚の表面の皮脂をとりすぎてしまったりすると、かえって肌が敏感になり、肌あれの原因になったり 吹き出物の原因になったりします。

女性は男性と比べて クレンジング、化粧落としなど 過度に洗いすぎてしまうことで 逆に肌トラブルを招いていることも多いです。

休日には化粧はしない、睡眠をしっかりとり 食事のバランスに注意し 暴飲暴食や飲みすぎなど 生活スタイルの改善が大切です。

眼精疲労>スマートフォンやパソコンが普及するにつれて目の疲れやドライアイなど、目の異常に悩む方が増えています。・・・。

更年期障害>主な身体症状はホットフラッシュ(発汗・のぼせ・ほてり)、冷え、肩こり、めまい、動機、だるい、疲れやすいなどの他、不正出血、月経異常、性交痛。・・・。

胃もたれ>若い頃はどんなに暴飲暴食をしても胃もたれとは無縁の方も多いですが、30代、40代と歳をかさねるごとに、飲みすぎ、食べすぎ・・・。

女性ホルモン>女性ホルモンは女性が妊娠、出産をするために必要な働きをするホルモンで、主にエストロゲン・プロゲステロンの2つのホルモンがあります。・・・。

摂食障害>過食症・過食嘔吐・拒食症などは摂食障害の一種で若い女性に多くダイエットや拒食、ストレスから過食症になるケースも多く、拒食と過食を繰り返すことも多いです。・・・。

不眠症>不眠症と一口に言っても不眠の原因は人それぞれ違います。若い世代の場合は就寝時にスマホやゲームに夢中になって睡眠不足になりやすかったり、寝る前にゲームなどで脳が興奮し・・・。

プロスタグランジン>プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンには子宮の収縮を抑える働きがありますが、妊娠しなかった場合・・・。

吐き気>吐き気の原因は様々ですが、女性の場合は生理前に吐きを感じることが多く、生理前は「プロスタグランジン」と呼ばれる子宮の収縮を活発にして生理の経血を・・・。

ドライアイ>コンタクトレンズを使用している方や日常的にパソコンを長時間使用する方などに、特に多いのがドライアイと呼ばれる目の乾き、乾燥による様々な目の不快感やトラブルです。・・・。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

免疫(めんえき)>免疫は疫(えき)から免(まぬが)れるの意味で細菌やウィルスから体を守る働きをするものです。・・・。

群発頭痛>女性よりも男性に多い頭痛で、ある時期に集中しておこります。目の奥に激しい痛みを感じるのが特徴的で1日に数回、1~2ヶ月位い続きます。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~