眼精疲労

スマートフォンやパソコンが普及するにつれて 目の疲れやドライアイなど、目の異常に悩む方が増えています。

目が充血する、しょぼしょぼする、かすみ目、目の奥が痛いなど 何かしら思いあたる人も多いと思いますが、 スマートフォンやパソコン、テレビなどを長時間、同じ姿勢・距離で見続けると 目のピント(目のピントを合わせる調節機能) が凝りかたまってしまい、別の場所を見た時に目のピントが合わせずらくなり 見えにくいと感じたり ぼやけたりすることもあります。

度の合わないメガネをかけていたり、コンタクトレンズを使用していたりするのも 眼精疲労や目のトラブルの原因になります。

目の疲れは全身にも影響を及ぼし、肩凝りや頭痛、めまい、吐き気などの原因にもなるため、デスクワークの合間など 適切に目を休ませる、パソコンやスマートフォン、ゲームなどを長時間やり続けないなど、目をいたわり 酷使しすぎないことが大切です。

又 エアコンをつけっぱなしにしていると 室内が乾燥しやすい為 加湿器を設置したり パソコンのモニターやスマートフォンは 明るさを適度に下げたり 文字サイズを大きくして見やすくするなど 目のストレス、負担を軽減することが大切です。

低血圧>女性に多い「低血圧」。お医者さんから低血圧と言われた経験があったり、自分で血圧を測った際に数値が基準値より低かった経験がある方も多いと思います。・・・。

ホルモン>ホルモンはギリシャ語で「呼び覚ます、刺激する」といった意味の「ホルマオ」という言葉が元で名付けられたと言われています。・・・。

胃もたれ>若い頃はどんなに暴飲暴食をしても胃もたれとは無縁の方も多いですが、30代、40代と歳をかさねるごとに、飲みすぎ、食べすぎ・・・。

生理不順(月経不順)>生理のことを「月経(げっつけい)」と言い、漢字の月(つき)の字を使いますが、女性の生理周期は月の周期(月の満ち欠けの周期)とほぼ同じ29.5日と言われています。・・・。

摂食障害>過食症・過食嘔吐・拒食症などは摂食障害の一種で若い女性に多くダイエットや拒食、ストレスから過食症になるケースも多く、拒食と過食を繰り返すことも多いです。・・・。

冷え性>女性に多いと言われる冷え性。女性の約7割~8割は冷え性に悩んでいるとも言われています。・・・。

不眠症>不眠症と一口に言っても不眠の原因は人それぞれ違います。若い世代の場合は就寝時にスマホやゲームに夢中になって睡眠不足になりやすかったり、寝る前にゲームなどで脳が興奮し・・・。

ストレス>男性と女性のストレスを比べると女性の方が日常ストレスを多く感じる機会が多いというデータがあります。・・・。

子宮内膜症>子宮内膜症は子宮の内側以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も本来の子宮内膜と同様の働きをするため・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

免疫(めんえき)>免疫は疫(えき)から免(まぬが)れるの意味で細菌やウィルスから体を守る働きをするものです。・・・。

眼精疲労>スマートフォンやパソコンが普及するにつれて目の疲れやドライアイなど、目の異常に悩む方が増えています。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~