不眠症

不眠症と一口に言っても不眠の原因は人それぞれ違います。

若い世代の場合は 就寝時にスマホやゲームに夢中になって睡眠不足になりやすかったり、寝る前にゲームなどで脳が興奮し 寝付きが悪くなったり 大人の不眠症の場合は 仕事や家庭でのストレス、緊張、不安が不眠につながることが多いです。

又、夜中に何度もトイレに行きたくなったり、 寝ている時に胃酸がこみあげてくるなど 別の症状が原因で不眠になるケースもあります。

高齢の場合は 年齢とともに 睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌量が減少することで 睡眠時間が短くなりますが 「 歳をとると睡眠時間が短くなる、早起きになる 」と言われるのは このためです。

不眠症の改善方法は 不眠となる原因が人それぞれ違うため、その人に合った方法で対処する必要がありますが、一般的には 入浴など体を温めること、ウォーキングなどの適度な運動、不安、ストレスの解消などが大切です。

眠れないと「眠れない、寝なきゃいけない」とあせる気持ちになり かえってプレッシャーになって 余計に頭が冴えてしまったりするので 心をリラックスさせ ゆったりとした気持ちでいる方が良いです。

「寝る時に聴く音楽」「眠れる音楽」などの 脳波を眠りやすい状態に導いてくれる音楽も沢山あるので 色々なCDを聴きくらべて 自分が寝やすい、心地よいと感じる音楽を聴きながら寝るのもお勧めです。

プロスタグランジン>プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンには子宮の収縮を抑える働きがありますが、妊娠しなかった場合・・・。

ドライアイ>コンタクトレンズを使用している方や日常的にパソコンを長時間使用する方などに、特に多いのがドライアイと呼ばれる目の乾き、乾燥による様々な目の不快感やトラブルです。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

肩コリ・首コリ>たかが「コリ」と思いがちですが、肩のコリや首のコリは、頭痛やめまい、ふらつきなど様々な体調不良の原因になりますのでたかが「コリ」と甘くみてはいけません・・・。

メニエール病>メニエール病は強い回転性のめまいが特徴でぐるぐる回る感じがしたり吐き気や嘔吐などをともなうこともあります。・・・。

ストレス>男性と女性のストレスを比べると女性の方が日常ストレスを多く感じる機会が多いというデータがあります。・・・。

腰痛>腰は身体の要となる重要な部分で座る、立つ、歩くなど、ほとんどの行動は腰を起点に動きます。・・・。

自律神経失調症>なんとなく体調が悪いので病院に行ったら「自律神経失調症」と言われた、という経験、ありませんか?・・・。

アスペルガー症候群>「アスペルガー症候群」という病気を知っていますか?名前は聞いたことがあるけれどどんな病気かなど詳しくは知らない、という方が多いと思います。アスペルガー症候群は発達障害という先天性脳機能障害の一つです・・・。

PTSD>PTSDは「PostTraumaticstressDisorder」の略語で「心的外傷後ストレス障害」のことを言います。・・・。

免疫(めんえき)>免疫は疫(えき)から免(まぬが)れるの意味で細菌やウィルスから体を守る働きをするものです。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~