エストロゲン

エストロゲンは生理の終わりから排卵前にかけて多く分泌される女性ホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンは、生理の周期によって分泌量が増えたり減ったりを繰り返しています。

エストロゲンは妊娠に備えて子宮内膜を厚くする働きがあり、女性らしい丸みをおびた体つき・発育を促したり 骨を丈夫にしたり 肌の調子をととのえるなどの効果もあります。

良いことずくめなイメージのあるエストロゲンですが、女性ホルモン(エストロゲン)を分泌している期間が長ければ長いほど、乳がんの発症リスクが高くなります。(※ホルモン補充療法や食物での摂取の事ではありません・又別です)

女性の体は生理周期とホルモンに深い関わりがありますが、大事なのはホルモンが分泌されるバランスです。
どのホルモンも体にとって大切な役割があり、多すぎるのも少なすぎるのも不調の原因になります。

よく「ホルモンバランスの乱れ」と言われますが、過度な身体的ストレス、精神的ストレスはホルモンバランスが乱れる原因になります。 心をおだやかに、やすらぎとリラックスを心がけてみてください♪

PMDD>PMDDはPremenstrualDysphoricDisorderの略で月経前不快気分障害のことを言います。・・・。

肌荒れ>季節の変わり目など肌あれに悩んでいる方も多いと思います。おでこ、口周り、あごなどが特に症状が出やすく、口周りやおでこに特に症状が見られる場合はホルモンバランスの乱れが関係している可能性もあります。・・・。

ドライアイ>コンタクトレンズを使用している方や日常的にパソコンを長時間使用する方などに、特に多いのがドライアイと呼ばれる目の乾き、乾燥による様々な目の不快感やトラブルです。・・・。

生理痛>生理の初潮は早い人だと小学校低学年、平均的には12~13歳頃から始まりますが、生理痛の個人差はあれ・・・。

自律神経失調症>なんとなく体調が悪いので病院に行ったら「自律神経失調症」と言われた、という経験、ありませんか?・・・。

アレルギー>アレルギーにはさまざまな種類があり代表的なものでは「スギ、ヒノキ」などの植物の花粉による季節性アレルギー(花粉症)、「小麦、大豆、卵、牛乳」などの食物アレルギーなどがあります。・・・。

緊張性頭痛>頭痛の中で一番多いタイプの頭痛が緊張性頭痛です。偏頭痛はズキン、ズキンとする強い痛みが特徴ですが・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

ホットフラッシュ>ホットフラッシュは暑さ、寒さに関係なく急に大量の汗をかいたり突然カーッとのぼせたり、顔や体がほてったりする症状をいいます。・・・。

ストレートネック>スマホが普及するにつれて「ストレートネック」という言葉をよく聞くようになりました。首の骨は本来、・・・。

メニエール病>メニエール病は強い回転性のめまいが特徴でぐるぐる回る感じがしたり吐き気や嘔吐などをともなうこともあります。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~