便秘

女性に多いと言われる便秘。なぜ男性より女性の方が便秘になりやすいのかと言うと、便秘の原因の1つに 女性ホルモンが関係しているからです。

排卵後から生理前にかけて プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが多く分泌され、その影響で腸のぜん動運動が抑制され、便秘になりやすくなります。

生理が始まると 一転して下痢になったり お腹がゆるくなる経験をした方も多いと思いますが、生理開始から便秘を誘因するプロゲステロンが少なくなる代わりに 子宮・腸を収縮し 下痢をおこしやすくするプロスタグランジンの分泌が多くなることで 生理になると下痢になったり、普段便秘がちな人は お通じが良くなるといったような症状が出ることがあります。

生理中は腹巻きをする、カイロをお腹にあてる女性も多いですが、生理中にお腹を温めることは、生理痛、下腹部の痛み、下痢症状をやわらげる効果があり お勧めです。

又 普段便秘がちな人は 食物繊維の多い野菜や、ワカメなどの海藻類を多く摂り、整腸作用のあるヨーグルトなどを食べるなど、食生活の改善により 根本的に便秘を予防することも大切です。

プロゲステロン>プロゲステロンは女性ホルモンの一種であり、妊娠に必要なホルモンで妊娠しやすい状態を維持します。・・・。

PTSD>PTSDは「PostTraumaticstressDisorder」の略語で「心的外傷後ストレス障害」のことを言います。・・・。

ストレス>男性と女性のストレスを比べると女性の方が日常ストレスを多く感じる機会が多いというデータがあります。・・・。

免疫(めんえき)>免疫は疫(えき)から免(まぬが)れるの意味で細菌やウィルスから体を守る働きをするものです。・・・。

自律神経失調症>なんとなく体調が悪いので病院に行ったら「自律神経失調症」と言われた、という経験、ありませんか?・・・。

吐き気>吐き気の原因は様々ですが、女性の場合は生理前に吐きを感じることが多く、生理前は「プロスタグランジン」と呼ばれる子宮の収縮を活発にして生理の経血を・・・。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

メニエール病>メニエール病は強い回転性のめまいが特徴でぐるぐる回る感じがしたり吐き気や嘔吐などをともなうこともあります。・・・。

肌荒れ>季節の変わり目など肌あれに悩んでいる方も多いと思います。おでこ、口周り、あごなどが特に症状が出やすく、口周りやおでこに特に症状が見られる場合はホルモンバランスの乱れが関係している可能性もあります。・・・。

ニキビ>ニキビは10~20代位いまでの思春期の時期にできやすいですが、大人でもニキビに悩む人は多くいます。・・・。

肩コリ・首コリ>たかが「コリ」と思いがちですが、肩のコリや首のコリは、頭痛やめまい、ふらつきなど様々な体調不良の原因になりますのでたかが「コリ」と甘くみてはいけません・・・。

ホルモン>ホルモンはギリシャ語で「呼び覚ます、刺激する」といった意味の「ホルマオ」という言葉が元で名付けられたと言われています。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~