アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、皮膚にかゆみを伴う湿疹ができ、それがよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。 アレルギーをおこしやすい体質の人や 皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られます。

主な症状は「かゆみ、湿疹」で 湿疹の皮がむけたり ごわごわしたり硬くなって盛り上がったりします。 左右対称に出来ることが多く おでこ、口のまわり、首、脇、手足の関節の内側などに症状が出やすいです。

炎症は細菌やウイルスなどから身を守るためにおこり、必要なものですが、アトピー性皮膚炎の場合、免疫が過剰に反応してしまうことや、皮膚の角層バリアが弱いこと、皮膚が乾燥状態にあることなどが原因とされています。

特に乳幼児期は皮膚の厚さは成人の3分の1以下の為、抵抗力も非常に弱く、色々なトラブルが起こりやすい状態ですが、皮膚は子供から大人へと成長していくなかで強くなっていき、免疫の抵抗力もついてきますので、年齢により、アトピー性皮膚炎の状態や悪化因子は違ってきます。

ステロイドや保湿剤での治療が一般的ですが、体を洗う時など スポンジ等を使用して肌をゴシゴシとこするなども 肌の皮脂をとりすぎて肌を傷付け 敏感にしてしまう為、お湯で軽く洗い流す程度にする、湯船に入浴剤を入れないなど、肌への刺激を減らすことも大切です。

群発頭痛>女性よりも男性に多い頭痛で、ある時期に集中しておこります。目の奥に激しい痛みを感じるのが特徴的で1日に数回、1~2ヶ月位い続きます。・・・。

頭痛>頭痛と一口に言っても頭痛には様々なタイプがあります。女性に最も多いのは偏頭痛で、偏頭痛の女性の割合は男性の実に3倍というデータもある位いです。・・・。

肩コリ・首コリ>たかが「コリ」と思いがちですが、肩のコリや首のコリは、頭痛やめまい、ふらつきなど様々な体調不良の原因になりますのでたかが「コリ」と甘くみてはいけません・・・。

胃もたれ>若い頃はどんなに暴飲暴食をしても胃もたれとは無縁の方も多いですが、30代、40代と歳をかさねるごとに、飲みすぎ、食べすぎ・・・。

偏頭痛>頭痛の症状で一番多いのは緊張性頭痛で、頭痛の約7割が緊張性頭痛と言われていますが、緊張性頭痛の次に多いのが偏頭痛で20代から40代の女性に特に多くみられ・・・。

めまい>めまいは比較的よくある症状でめまいの多くは良性のめまいで、内耳からおこるメニエール病などがあります。・・・。

摂食障害>過食症・過食嘔吐・拒食症などは摂食障害の一種で若い女性に多くダイエットや拒食、ストレスから過食症になるケースも多く、拒食と過食を繰り返すことも多いです。・・・。

子宮筋腫>子宮にできる良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」といいます。主な症状は生理の経血量が多くなる、月経痛、頻尿などです。・・・。

PMS>PMS(PremenstrualSyndrome)は月経前症候群のことで、月経に伴うホルモンバランスの変化により様々な体調不良や症状が生じること言います。・・・。

生理不順(月経不順)>生理のことを「月経(げっつけい)」と言い、漢字の月(つき)の字を使いますが、女性の生理周期は月の周期(月の満ち欠けの周期)とほぼ同じ29.5日と言われています。・・・。

プロゲステロン>プロゲステロンは女性ホルモンの一種であり、妊娠に必要なホルモンで妊娠しやすい状態を維持します。・・・。

冷え性>女性に多いと言われる冷え性。女性の約7割~8割は冷え性に悩んでいるとも言われています。・・・。



男性より女性の方が長生きと言われますが、これは日本に限ったことではなく 先進国、発展途上国問わず 世界的に男性より女性の方が長生きな国が圧倒的に多いです。 女性は一生を通して 生理や出産など 身体的な負担が男性より多いと思いますが、それでも女性が長生きな理由の1つに 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きがある、と言われていて エストロゲンには血圧を下げる、悪玉コレステロールを減少するなどの働きがあり 健康維持に役立っています。 又 性格的な傾向として、女性は男性に比べ 普段から自分の健康状態を気にかけ 体調管理している人も多く 男性は何かしら症状が出るまで食生活に無頓着だったり、食べたい物を食べ、飲みたいだけ飲む、という自分流のスタイルを崩さない人も多く、病気になっても気づきにくい、又は症状がだいぶ進行してから対処する人も多い為 病気が直りにくいなどの傾向があると思います。 何事も早期発見、早期治療が大切です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~