ピーマンの栄養・効能

ピーマンの効能・・・子供の苦手な野菜として名高いピーマンですが栄養価はとても高い野菜です。ビタミンA、ビタミンCを始めビタミンB1、B2、D、P、鉄分、カルシウム、ミネラルなどを豊富に含み美容にも健康にも良い成分を豊富に含んでいます。
ピーマンには独特の苦味があり 苦手な方もいますが 天ぷらや炒め物など油でよく加熱すると苦味が緩和されます。ピーマンの肉詰めは見た目も可愛らしいのでお弁当にもお勧めです。たまに赤く色づいたピーマンが見切り品としてお安く買えたりしますが、ピーマンが赤くなっていても腐っているわけではないので 赤く色づいたピーマンが安売りしてたらお買い得だと思います。(ちなみにピーマンは緑が濃いものより 赤く色づいたピーマンの方が苦味が少ないという特徴もあります)

フキ>数ある野菜の中でも地味なイメージのあるフキですが、食物繊維が豊富でカリウムや鉄分、ミネラル、βカロテン、ビタミンB、Eなどの成分も含まれています。フキは知っていても買ったことがない、料理したことがない方も案外多いと思いますが、フキは1年中出回っているわけではなく・・・。

なめこ>ヌメリがありネトっとしているのが特徴のなめこですが、このヌメリは粘液性糖タンパク質と呼ばれる成分で目や胃粘膜の保護、修復作用がありドライアイなど目の乾きにも効果的と言われています。粘液性糖タンパク質の他にカリウム、マグネシウム、鉄分、ミネラルなどの栄養素も含んでいます・・・。

ピーマン>ピーマンの効能・・・子供の苦手な野菜として名高いピーマンですが栄養価はとても高い野菜です。ビタミンA、ビタミンCを始めビタミンB1、B2、D、P、鉄分、カルシウム、ミネラルなどを豊富に含み美容にも健康にも良い成分を豊富に含んでいます。ピーマンには独特の苦味があり苦手な方もいますが・・・。

小松菜>小松菜の効能・・・小松菜は栄養価の高い野菜でカルシウムやカロチン、ビタミンCなどの栄養素を豊富に含んでいます。特にカルシウムはホウレン草の3倍以上含まれているので骨粗しょう症予防に効果があります。カルシウムの他にはビタミンAやビタミンE、ビタミンCも多いです・・・。

シメジ>香り松茸味シメジ、と言われる通りキノコ類の中でも味に定評のあるシメジですが、シメジなどのキノコ類にはβグルカンという成分が含まれていて、βグルカンには、免疫力を高める効能があり風邪の予防やガンを抑制する効果があります。又しめじにはエルゴステロールと呼ばれる・・・。

長ネギ>同じネギ科の仲間である玉葱は血液サラサラ効果で有名ですが、長ネギにも血液をサラサラにする成分が含まれています。長ネギを刻んで納豆に入れて食べる方は多いと思いますが、実は納豆にも血液をサラサラにする効果があり、長ネギにも血液をサラサラにする効果があるので・・・。

南瓜(かぼちゃ)>かぼちゃの主な成分は炭水化物ですがβカロチン、ビタミンC・E、カリウム、ポリフェノールなど豊富な栄養素が含まれています。βカロチンは目の疲労回復効果や免疫力を高める効果があります。ビタミンC・E・ポリフェノールにはこう抗酸化作用がありアンチエイジングに効果的です・・・。

トウガラシ>トウガラシなど辛いものを食べると汗が出たり体が温かくなるなどの経験があると思いますがトウガラシにはカプサイシンという辛み成分が含まれアドレナリンの分泌を活発にし発汗作用・強心作用を促すと言われています。又冷え性の予防やダイエット効果など新陳代謝を高める作用があります・・・。

グリーンピース>グリーンピースはよく料理の彩りとして使われますが栄養価もなかなか高い野菜です。植物性のたんぱく質、ビタミン、ミネラルの他、食物繊維も豊富です。グリーンピースやピーマンは子供の嫌いな野菜にしばしば名前が挙がりますが、旬の生のグリーンピースは甘みがありホクホクとしてとても美味しいものです・・・。

ニンニク>ニンニクの効能・・・ニンニクといえばスタミナやパワー・強壮・強精作用といったイメージが強いですが、夏バテや体調の悪い時元気がない時にニンニクを食べると元気が出てくる気がしますよね。ニンニクのあの独特の匂いはアリシンと呼ばれる成分でアリシンには強力な殺菌、抗菌作用があり・・・。

カリフラワー>カリフラワーの効能・・・カリフラワーは食物繊維が豊富でビタミンC、カリウム、鉄分、ビタミンBなどの栄養素を含んでいます。カリフラワーはブロッコリーに比べるとお店に出回る量や食卓に上がる量が少ないですが味はブロッコリーに比べ苦味やエグミがなくあっさりとして食べやすいので個人的には・・・。

エリンギ>ノンカロリーなのにまるでお肉を食べているかのような肉厚でしっかりした歯ごたえのあるエリンギ。ノンカロリーで食物繊維が豊富で食べ応えもあるのでダイエット食品としても優れものです。エリンギは疲労回復に役立つビタミンB1や細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長に役立つ・・・。


お酒の話
お酒は昔は百薬の長と言われましたが医学、研究が進むにつれ「お酒は百害あって一理なし」の説を唱えるお医者さんも増えています。アルコール依存の人も年々増えていて特に女性は増加意向にあり、女性のアルコール依存者が増える要因には働く女性が増えストレスが増えたことなどが関係していると言われています。アルコール依存は病気ですので適切な治療が必要ですが、根本的な心のあり方として「そもそも酔って気持ちよくなること自体が本当に自分の為になっているのか?」をつきつめて考えてみることも必要です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~