ししとうの栄養・効能

辛いイメージが強いししとうですが、栄養価の高い緑黄色野菜のひとつです。ししとうはピーマンの仲間なので栄養成分も似ていて、疲労回復や免疫力を高める効果のあるビタミンCや骨の形成を促し丈夫にする作用のあるビタミンK、ビタミンB6、カロチンなどの成分も含まれています。
ししとうの辛み成分であるカプサイシンには、新陳代謝を活発にし 体温上昇や発汗作用、血行促進作用などもあります。ししとうは油と相性が良いので天ぷらや炒め物などにすると美味しく頂けます。

胡瓜(キュウリ)>キュウリの効能・・・夏野菜といえば胡瓜を思い浮かべる人も多いですが胡瓜の主な成分は水分でβカロテン・ビタミンCの他にビタミンK・カリウムなどの栄養が含まれています。ビタミンCは疲労回復、活性酸素を抑える、免疫力を上昇させる効果があり夏バテしやすい夏の・・・。

ほうれん草>ほうれん草の効能・・・ほうれん草は野菜の中でも栄養価はトップクラス。貧血予防に効果のある鉄分をはじめ眼病予防や抗酸化作用のあるβカロテン、摂り過ぎた塩分を体の外に出す効果のあるカリウム、免疫力を高めるビタミンCなど体に良い栄養素が沢山含まれています・・・。

里芋(サトイモ)>里芋は他のイモ類にはないネバネバとした成分がありこのねばりは、ガラクタンと粘液性糖タンパク質と呼ばれる成分で免疫性を高めがんの発生・進行を防ぎ、風邪の予防にも効果があると言われています。食物繊維も豊富で整腸作用・便秘解消にも効果があります。里芋はジャガイモなど他のイモ類に比べ低カロリーのため・・・。

ブロッコリー>ブロッコリーは食物繊維が豊富でビタミンCやポリフェノール、ビタミンA・B・Eなどの各種ビタミンの他、カリウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カルシウムなど美容に良いとされる栄養も豊富に含んでいます。ブロッコリーは主にサラダにしてマヨネーズやドレッシングなどで食べるのが美味しいですが・・・。

グリーンピース>グリーンピースはよく料理の彩りとして使われますが栄養価もなかなか高い野菜です。植物性のたんぱく質、ビタミン、ミネラルの他、食物繊維も豊富です。グリーンピースやピーマンは子供の嫌いな野菜にしばしば名前が挙がりますが、旬の生のグリーンピースは甘みがありホクホクとしてとても美味しいものです・・・。

ピーマン>ピーマンの効能・・・子供の苦手な野菜として名高いピーマンですが栄養価はとても高い野菜です。ビタミンA、ビタミンCを始めビタミンB1、B2、D、P、鉄分、カルシウム、ミネラルなどを豊富に含み美容にも健康にも良い成分を豊富に含んでいます。ピーマンには独特の苦味があり苦手な方もいますが・・・。

カリフラワー>カリフラワーの効能・・・カリフラワーは食物繊維が豊富でビタミンC、カリウム、鉄分、ビタミンBなどの栄養素を含んでいます。カリフラワーはブロッコリーに比べるとお店に出回る量や食卓に上がる量が少ないですが味はブロッコリーに比べ苦味やエグミがなくあっさりとして食べやすいので個人的には・・・。

フキ>数ある野菜の中でも地味なイメージのあるフキですが、食物繊維が豊富でカリウムや鉄分、ミネラル、βカロテン、ビタミンB、Eなどの成分も含まれています。フキは知っていても買ったことがない、料理したことがない方も案外多いと思いますが、フキは1年中出回っているわけではなく・・・。

長ネギ>同じネギ科の仲間である玉葱は血液サラサラ効果で有名ですが、長ネギにも血液をサラサラにする成分が含まれています。長ネギを刻んで納豆に入れて食べる方は多いと思いますが、実は納豆にも血液をサラサラにする効果があり、長ネギにも血液をサラサラにする効果があるので・・・。

パプリカ>パプリカの栄養・・・パプリカには赤・黄・オレンジなど様々な色があり、色によって含まれている栄養素も異なります。パプリカの代表的なものは真っ赤なパプリカで、赤い色素は唐辛子などにも含まれるカプサイシンと呼ばれる成分で高い抗酸化作用があると言われています・・・。

やまいも>やまいも(長芋・大和芋・自然薯など)はネバネバとした独特のネバリが特徴でこのネバリの成分である粘液性糖タンパク質には腸内環境を整え免疫力を強化したり、肝機能、腎機能を高める効果などがあります。又やまいもは食物繊維が豊富で便秘解消、老廃物や毒素を体内に排出する効果も期待できます・・・。

椎茸(しいたけ)>椎茸には乾燥した干し椎茸と生の椎茸とあり、生椎茸は鍋や肉詰めなどの料理に、干し椎茸はお湯で戻して茶碗蒸しやお吸い物、ちらし寿司などに使います。生の椎茸より干し椎茸の方がビタミンDが多く、旨み成分であるグルタミン酸やグアルニ酸も干し椎茸の方が多いです・・・。


お酒の話
お酒は昔は百薬の長と言われましたが医学、研究が進むにつれ「お酒は百害あって一理なし」の説を唱えるお医者さんも増えています。アルコール依存の人も年々増えていて特に女性は増加意向にあり、女性のアルコール依存者が増える要因には働く女性が増えストレスが増えたことなどが関係していると言われています。アルコール依存は病気ですので適切な治療が必要ですが、根本的な心のあり方として「そもそも酔って気持ちよくなること自体が本当に自分の為になっているのか?」をつきつめて考えてみることも必要です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~