人参の栄養・効能

人参は目に良いと言われるビタミンAを多く含んでいます。β-カロチン(ビタミンA)は脂溶性ビタミンで、油と一緒に取る事で吸収率が大幅にアップするので 油と一緒に炒めたり調理したりするのがお勧めです。 きんぴらごぼうや野菜炒めなどは特にお勧めですが 人参はアクが少なく苦味がないので生食にも向き 生の人参をすりおろして人参ジュースなどにしても美味しいです。 人参は芯の部分より芯の回りの部分が甘くて美味なので、人参を選ぶ時はヘタの大きさが小さい(=中の芯も小さい)ものを選ぶと良いです。
ビタミンAは粘膜を丈夫にし 肌や髪の健康を保ち 免疫力を正常化し 視覚を正常に保ち 眼の病気を予防したり成長を促進させる働きがあるなど 病気の回復を助ける上でも重要なビタミンです。また、ビタミンB・E・D・カルシウムなどの成分は、ビタミンAが十分に体内に摂取されていないとその効果が発揮されないとも言われています。

柿(かき)>秋の味覚といえば柿ですが、柿の渋みにはカキタンニンと呼ばれる、抗酸化作用、血圧の安定や疲労回復、二日酔いの防止効果などがある成分が含まれています。目や粘膜、皮膚の保護作用のあるビタミンA、骨や歯を丈夫にし免疫力を高めるビタミンC、体内の余分な塩分を排出する作用のあるカリウムなども豊富に含まれています・・・。

ラズベリー>お店ではあまり見かけない印象のラズベリーですが、大手スーパーの冷凍食品コーナーなどに冷凍ラズベリーは手ごろな価格で広く販売されています。フランス語でフランボワーズと呼ばれますが爽やかな甘酸っぱさが特徴でケーキなどでもよく使われます。ラズベリーは眼病予防に効果のあるアントシアニン・・・。

人参>人参は目に良いと言われるビタミンAを多く含んでいます。β-カロチン(ビタミンA)は脂溶性ビタミンで、油と一緒に取る事で吸収率が大幅にアップするので油と一緒に炒めたり調理したりするのがお勧めです。きんぴらごぼうや野菜炒めなどは特にお勧めですが人参はアクが少なく苦味がないので生食にも向き・・・。

みかん>冬の寒い時期は箱ごとみかんを買って食べるご家庭も多いですが、風邪をひきやすい冬の時期にビタミンCを多く含むみかんを食べるのは理に叶っています。ビタミンCには免疫力をアップする効果があり、みかんの色素であるβクリプトキサンチンには抗酸化作用、糖尿病の進行の抑制、骨粗しょう症の予防などの・・・。

蕪(カブ)>カブはコラーゲンの生成を補助する作用があるビタミンCが多く、皮膚や粘膜の健康を保って免疫力を高めるBカロチンも豊富です。主な栄養素はビタミンA・ビタミンC・カルシウム・食物繊維・ジアスターゼ・アミラーゼなど。火が通りやすくやわらかいので長々煮ると煮崩れする為・・・。

レタス>レタスにはビタミンEが多くビタミンEは抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を除去しエイジングケア効果が期待出来ます。レタスはサラダなど生で食べることが多い野菜ですが、美肌効果、シミそばかす予防などに効果があるといわれるビタミンCも豊富に含まれているのでトマトやワカメなどを・・・。

大根>大根には消化酵素を助けるアミラーゼ(ジアスターゼ)の他オキシターゼ、イソチオシアネートなどの成分が多く含まれています。胃もたれしやすいカレーに大根を入れると胃もたれしにくくなるのは消化酵素を助けるアミラーゼが大根に多く含まれている為です・・・。

オリーブオイル>化粧品やヘアケアとして使用されることも多いオリーブオイルですが、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は酸化しにくく、酸化を防ぐビタミンEやポリフェノールが含まれています。オリーブオイルはそのままパンなどにつけて食べるのも良くドレッシングなどにもよく使われます。最近ではパンの生地に・・・。

林檎(リンゴ)>林檎は整腸作用のある果物として有名ですが、血圧を下げる効果もあることから高血圧の予防効果も期待できます。林檎にはカリウムという成分が多く含まれていて、高血圧の原因になるナトリウムを体外に排出する働きがあり血圧を下げることにつながります。林檎は一年中出回っていますが・・・。

牛蒡(ゴボウ)>ゴボウは野菜の中でも食物繊維が特に多く便秘解消効果があります。低カロリーで食物繊維が豊富なゴボウはダイエット効果・便秘解消など女性に嬉しい美容効果の優れた食品でダイエット食品・美容食品としても色々と利用されています。又コレステロール値や血糖値の上昇の抑制などの効果もあります・・・。

キャベツ>キャベツにはビタミンUが多く含まれビタミンUは別名(キャベジン)とも呼ばれ胃腸を健康に保つ働きがあり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防に効果があると言われています。主な栄養素はビタミンC・ビタミンU(キャベジン)・ビタミンK・カルシウム・ベータカロチン・・・。

とろろ昆布>c昆布のネバネバ成分であるアルギン酸は、中性脂肪の吸収を抑える働きがあるとされ、中性脂肪の吸収を抑える働きは普通の昆布よりとろろ昆布のほうが2倍も高いというデータもあります。とろろ昆布は白いご飯によく合うので、ご飯にのせて食べるのが一般的ですが・・・。

節約術


「細く長く」という言葉がありますが、ある病気を患っている患者さんがこんなことを話していました。「病気はたしかに嫌だけど 自分は病気にならなかったらお酒ももっと沢山飲んだだろうし、食べるものも何も気をつけないで 体に悪い食生活をしていたと思う。自分は病気になったから お酒も食べるものも気をつけるようになった。年老いて長い目でみた時に 細く、長くじゃないけど 病気になって気をつけて生活していたことで 逆に病気がなく健康だった場合より 結果として長生きできたりするんじゃないかと思う」と話していました。 病気は嫌なものですが食生活を見直す良いきっかけでもありますよね。