味噌の栄養・効能

朝は毎日ご飯とお味噌汁、という方も多いと思いますが、お味噌は良質な植物性たんぱく質で、各種ビタミン ミネラルなどを豊富に含み、消化吸収されやすいです。料理本やレシピサイトなどでお味噌汁を作る時は、お味噌は火を止めてから最後に入れること、と書かれていますが、味噌は沸騰させると風味が飛んでしまうので火を止めた後で最後に入れます。個人的には単純に食べ比べてみて火を止めてから入れた方がお味噌汁が断然美味しいと思います。汁物は野菜の味滲みが早いので味噌を早めに入れてしまうと野菜に味が入りすぎて野菜本来の味も楽しめなくなるのではと思います。
ちなみにほんのり甘いお味噌汁が好みなら、玉ねぎやさつまいもといった野菜を入れると自然な甘さのやさしい味のお味噌汁になります。

レバー>女性は毎月生理で多くの血液を失う為、男性に比べて鉄分が不足しやすく貧血になりやすいので、鉄分を多く含み鉄分が吸収されやすいレバーを週に1回位いの割合で程度に取るのはお勧めです。※レバーが貧血予防に効果があるといっても、毎日食べたり過剰に摂取するのはいけません・・・。

ココア>ココアダイエットが一時期大流行しましたが、ココアの原料はカカオなので美味しいのは勿論、ポリフェノールや食物繊維なども豊富で亜鉛、鉄、マグネシウムなどの成分も含まれ、美容やダイエット効果もあり、美味しくて体にも良く人気があるのもうなずけます。ポリフェノールは体内の活性酸素とくっつき・・・。

お茶(緑茶)>お茶を毎日水代わりに飲む方も多いですが、緑茶にはカテキンが多く含まれていて、カテキンはポリフェノールの一種で、緑茶の渋味の成分であり抗酸化作用があり、老化を防ぐ効果があるとされています。その他にもミネラルやビタミンといった成分も含まれていて、お茶に含まれるカテキンには口臭・・・。

海苔>海苔はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で非常に栄養価の高いこと知られています。眼病予防に効果のあるビタミンAを始め、炭水化物の代謝を促すビタミンB1、B2に加え美肌効果もあるビタミンCも含まれています。女性は生理などで鉄分が不足しやすいですが、海苔には鉄分も含まれているため・・・。

チーズ>乳製品の中でも特に人気のあるチーズですが、たんぱく質や骨を丈夫にするカルシウム、タミンAやビタミンB2なども含まれています。チーズに含まれているカルシウムは吸収されやすいのも特徴です。ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、・・・。

胡麻(ゴマ)>よく「胡麻は体に良い」と言われますが、胡麻にはゴマリグナンという成分が含まれ脂質の酸化を防ぐ働きがある為、よく「胡麻油は酸化しにくいので体に良い」と言われますが、胡麻油が酸化しにくいのはゴマリグナンの働きによるものです。活性酸素が過剰にたまると老化やガンの要因になると言われていますが・・・。

ジャスミンティ>ジャスミンティの原料であるジャスミンは植物でハーブの一種であり、リラックス効果や口臭予防効果があるとされています。ビタミンC、ビタミンE、ミネラルなども含まれていて美容効果やダイエットなどにも注目されています・・・。

こんにゃく>便秘解消やダイエット食品としても人気のこんにゃく。こんにゃくのカロリーはほぼ0なので、お腹いっぱい食べても太る心配はありません。腹持ちが良いので満腹感も得られます。食物繊維が豊富でお腹の中を掃除してお腹(腸内)を綺麗にしてくれる効果もあります・・・。

納豆>納豆は古くから日本人の食にかかせないものですが、栄養価が高く様々な効能があるので、今では日本だけじゃなく日本から遠く離れた海外の様々な国で、日本食、特に納豆は健康食として注目を集め食べる人が増えています・・・。

プルーン>プルーンには生とドライタイプ、ジャムタイプの3種類があり、ドライ(乾燥)プルーンの方が栄養的には一番高いです。貧血予防に効果のある鉄分をはじめ、眼病予防に効果のあるビタミンA・便秘解消に効果のある食物繊維も豊富なので美容食品、健康食品としても名高く薬局などでもよく見かけます・・・。

味噌>朝は毎日ご飯とお味噌汁、という方も多いと思いますが、お味噌は良質な植物性たんぱく質で、各種ビタミンミネラルなどを豊富に含み、消化吸収されやすいです。料理本やレシピサイトなどでお味噌汁を作る時は、お味噌は火を止めてから最後に入れること、と書かれていますが、味噌は沸騰させると風味が飛んでしまうので・・・。

お米(ご飯)>ダイエットなどで炭水化物、お米を抜く方がたまにいますが、日本人は古来よりお米を主食としてきた民族であり、昔の日本人は現代の日本人よりも多くの米を食べて生活していました。又脳のエネルギー源は糖質だけですので、糖質を過度に制限してしまうと脳にエネルギーがいかずに頭がボーっとしたり・・・。


摂食障害や拒食症になる人が増えているそうです。多くのきっかけは「痩せたい・太りたくない」という気持ちで始めたダイエットから発症することが多いですが 女性なら誰しも年齢に関係なく美しくありたいと願うもので その気持ち自体は自然な感情だといえます。ただし 健康を害してまで痩せたいと願ったり、見た目に異常なまでに執着したりするのは心の病であり、ものの見方、考え方、生き方、価値観がゆがんで視野が狭くなっています。愛されるよりも人の為に生きる、その為にはしっかり食べて元気な体で今日も頑張らねば、です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~