こんにゃくの栄養・効能

便秘解消やダイエット食品としても人気のこんにゃく。こんにゃくのカロリーはほぼ0なので、お腹いっぱい食べても太る心配はありません。腹持ちが良いので満腹感も得られます。食物繊維が豊富でお腹の中を掃除してお腹(腸内)を綺麗にしてくれる効果もあります。
こんにゃくを使った代表的な料理はおでんや煮物などですが、こんにゃくは辛み成分との相性が良いので、アクを抜いたこんにゃくを薄く切って油で炒め 甘辛く豆板醤や七味などで味付けて食べても美味しいです。

アボガド>森のバターとも呼ばれる濃厚でクリーミーなアボガドですが、アボガドの脂肪分は不飽和脂肪酸、オレイン酸などが豊富で悪玉(LDL)コレステロールを減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがあります。美肌効果のあるビタミンEやビタミンB2も豊富です・・・。

梅干>梅干を想像しただけでも口の中が酸っぱく感じ唾液で潤ってきますが、梅干には唾液の分泌を促し口の中の細菌を減らしたりドライマウスの予防効果、食欲増進効果などもあります。梅干にはクエン酸が豊富に含まれていて疲労回復や血液の流れを良くする効果などもあります・・・。

お茶(緑茶)>お茶を毎日水代わりに飲む方も多いですが、緑茶にはカテキンが多く含まれていて、カテキンはポリフェノールの一種で、緑茶の渋味の成分であり抗酸化作用があり、老化を防ぐ効果があるとされています。その他にもミネラルやビタミンといった成分も含まれていて、お茶に含まれるカテキンには口臭・・・。

昆布>昆布やワカメなどの色の黒い海藻類はなんとなく髪の毛に良いイメージがありますよね。昆布はミネラルの宝庫と呼ばれますが各種ミネラルがバランスよく含まれていて、カルシウム、マグネシウムなどが多いです。中でもヨウ素と呼ばれる成分は甲状腺ホルモンの原料となり、新陳代謝を促したり・・・。

レーズン>レーズンは鉄分が豊富で整腸作用もあるため、プルーンと並んで女性の貧血予防や便秘解消に人気があります。鉄分補給の為にプルーンかレーズンのどちらかを毎日数個食べる習慣のある方も結構いると思います。カルシウムやマグネシウム、鉄分、ビタミンB群などの成分もバランスよく含まれています・・・。

納豆>納豆は古くから日本人の食にかかせないものですが、栄養価が高く様々な効能があるので、今では日本だけじゃなく日本から遠く離れた海外の様々な国で、日本食、特に納豆は健康食として注目を集め食べる人が増えています・・・。

ココア>ココアダイエットが一時期大流行しましたが、ココアの原料はカカオなので美味しいのは勿論、ポリフェノールや食物繊維なども豊富で亜鉛、鉄、マグネシウムなどの成分も含まれ、美容やダイエット効果もあり、美味しくて体にも良く人気があるのもうなずけます。ポリフェノールは体内の活性酸素とくっつき・・・。

こんにゃく>便秘解消やダイエット食品としても人気のこんにゃく。こんにゃくのカロリーはほぼ0なので、お腹いっぱい食べても太る心配はありません。腹持ちが良いので満腹感も得られます。食物繊維が豊富でお腹の中を掃除してお腹(腸内)を綺麗にしてくれる効果もあります・・・。

紅茶>紅茶はティータイム、飲む時間を楽しむ、と言われますが紅茶にはテアニンという成分が含まれていてテアニンには興奮を鎮める作用、緊張をやわらげる作用がある為、紅茶にはリラックス効果があると言われています。紅茶にはポリフェノールが含まれていて・・・。

味噌>朝は毎日ご飯とお味噌汁、という方も多いと思いますが、お味噌は良質な植物性たんぱく質で、各種ビタミンミネラルなどを豊富に含み、消化吸収されやすいです。料理本やレシピサイトなどでお味噌汁を作る時は、お味噌は火を止めてから最後に入れること、と書かれていますが、味噌は沸騰させると風味が飛んでしまうので・・・。

胡麻(ゴマ)>よく「胡麻は体に良い」と言われますが、胡麻にはゴマリグナンという成分が含まれ脂質の酸化を防ぐ働きがある為、よく「胡麻油は酸化しにくいので体に良い」と言われますが、胡麻油が酸化しにくいのはゴマリグナンの働きによるものです。活性酸素が過剰にたまると老化やガンの要因になると言われていますが・・・。

メカブ>メカブは海藻類で、ヨウ素、アルギン酸、フコイダン、フコキサンチン、葉酸、ビタミン、マグルシウム、カルシウムなどを豊富に含んでいます。生のメカブはスーパーの鮮魚コーナーなどにぐるぐるとらせん状の形をした昆布のような状態で売ってますが、そのままでは食べれず、包丁で細かく切って熱湯にくぐらせてから・・・。


摂食障害や拒食症になる人が増えているそうです。多くのきっかけは「痩せたい・太りたくない」という気持ちで始めたダイエットから発症することが多いですが 女性なら誰しも年齢に関係なく美しくありたいと願うもので その気持ち自体は自然な感情だといえます。ただし 健康を害してまで痩せたいと願ったり、見た目に異常なまでに執着したりするのは心の病であり、ものの見方、考え方、生き方、価値観がゆがんで視野が狭くなっています。愛されるよりも人の為に生きる、その為にはしっかり食べて元気な体で今日も頑張らねば、です。

節約術

節約術生理痛
~みんなの節約術・生理痛/生理痛症状・PMS投稿サイト~